« モニター真っ黒 | トップページ | 在宅介護のSとM »

2004年8月 6日 (金)

夏の花木

pinksarusuberi.jpg

我が家の近くの街路樹百日紅(サルスベリ)の花が満開です。今年は猛暑のせいか、今までになく見事な花をたくさんつけています。

暑いのが大の苦手な私にとって、むし暑さを感じさせる紅色は好きではありませんが、花をまじかに見ると、ちりちりと細かく縮れた花びらがけっこう愛らしいのです。

ここの街路樹には、紅色、紅紫色、薄い桃色、白などが植えてあります。私は優しく涼しげな白や淡桃色が好きですが、百日紅という名前に象徴されるように、紅色が一番多く植えられています。

花の名前の由来は、夏から秋にかけて長い間、紅い花が咲き続けることから「百日紅」とつけられたとか、樹肌がなめらかなため「サルも木からスベル」というので「サルスベリ」という名がついたとも言われているようです。樹皮がむけてきますが、半分むけかかった樹皮をみると「剥ぎたい!」と、むずむずします。

今日6日は「原爆の日」。原爆投下され、「70年は草木も生えない」と言われていた広島に一番最初に咲いた花は夾竹桃(キョウチクトウ)。仙台ではあまり見かけませんが、中山でピンクの夾竹桃を見つけました。車で通るたびに忘れずに眺めています。根や茎葉に麻酔や強心剤として利用される毒があるとか、放射能にも強い毒なのでしょうか。

百日紅、夾竹桃、ともに炎天下に咲く花木は少ないので、存在感が大きいです。

|

« モニター真っ黒 | トップページ | 在宅介護のSとM »

コメント

むねさん、「せめて若い人の邪魔だけはしたくない」、本当にそうですね。
若い方がいいらっしゃる第2の職場だから、そう感じるのでしょうね。

シニアのボランティアでなりたっているNPOでは、60代は、働き盛りです。

投稿: ようこ | 2004年8月21日 (土) 午後 10時32分

>むねさんの年齢では「残りの人生」とは言いません。「豊かな人生」を過ごすのは、自分の自由な時間がもてる、これからです。

ありがとうございます。でも,やっぱり残日としっかり心に留めておきたい。せめて若い人の邪魔だけはしたくない。

投稿: むね | 2004年8月21日 (土) 午後 05時27分

むねさん、はじめまして、書き込みありがとうございます。
義理の母が亡くなり、家から出棺する時、庭のタイワンツキミソウの花が満開でした。ピンクのツキミソウを見ると義母を思い出すようになりました。

むねさん、PCをマイコンと言っていた時からPCが趣味だったのですね。JavaScriptを使いこなしたり、すごい!

むねさんの年齢では「残りの人生」とは言いません。「豊かな人生」を過ごすのは、自分の自由な時間がもてる、これからです。

私もHPを持っています。
http://homepage3.nifty.com/hirake/

投稿: ようこ | 2004年8月20日 (金) 午後 04時55分

 百日紅には特別な思いがあります。10数年前,やっぱり,今年のように猛暑の夏,8月末日に父の葬儀がありました。その日も境内の百日紅の老木が真っ赤な花をつけていました。

 このWeblogは河北新聞から辿って来ましたが,私もWebLogを始めて数ヶ月経ちました。よろしくお願いします。ホームページから入れますので見て下さい。

投稿: むね | 2004年8月20日 (金) 午後 03時06分

setenさん、michikoさん、コメントありがとうございます。

福島信夫山(シノブサン)に、お墓があるのですか、お墓にふさわしい名前ですね。行ったことはありません。

季節ごとに違った花が咲くので、季節ごとの花を愛でる気持ちが増しますね。

投稿: ようこ | 2004年8月10日 (火) 午前 06時20分

だいぶ以前のことですが、キャラウエイの駐車場の後ろを見たときにサルスベリが沢山咲いていたことがありました。あれは8月の暑い頃だったんですねぇ。樹皮がツルツルに見えるのでそんな名前が付いたと子供の頃、私も聞いたような気がします。

投稿: michiko | 2004年8月 9日 (月) 午後 09時59分

サルスベリの花 そうですね今年は綺麗で花も多いですね。私のパソコンの小部屋の庭にこの花が見えるのですが今年は格別美しいですね。今日、福島信夫山(墓参)に行ってきました山はサルスベリの花が本当にみごとに咲いてました。土砂降りの雨上がりの日差しに花は一段と美しく蝉の声がひときは大きく聞こえてました 早速スクープ
七夕もおわり秋はすぐそこまで来てます。この04年の夏の暑さをかみ締めてます。夏の終わりを告げる記事ありがとうございました。

投稿: seten | 2004年8月 9日 (月) 午後 08時58分

watari41さん、いつもコメントありがとうございます。
夾竹桃は高速道路によく植えられているのですか、今度から気をつけて見るようにします。

夾竹桃は広島の市の花になっているようです。原爆が投下されて一番先に咲いた花だからだそうですが、同じ理由で楠木が、市木になっています。

私の手物にある本によると、夾竹桃は江戸末期に中国から渡来したと言われ、百日紅は鎌倉時代以前に中国から渡来したようです。
お陰さまで、勉強になりました。

投稿: ようこ | 2004年8月 7日 (土) 午後 11時42分

 キョウチクトウは、排気ガスなど公害に強いので、高速道路などに植えられるそうですが、放射能にも強かったのですね。毒をもって毒を制するということでしょうか。
 サルスベリはお寺に老木があって、お盆の墓参り時に眺めるのですが、寺の伽藍と妙にマッチしていて、仏教関連の花木だと思ったことがありました。中国から江戸時代に渡来したのだそうですね。
 キョウチクトウもインド原産らしく、日本の花よりもドギツイところがありますね。猛暑の最中に咲いているので、そう見えるのでしょうかね。
 

投稿: watari41 | 2004年8月 7日 (土) 午後 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33418/1136669

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の花木:

« モニター真っ黒 | トップページ | 在宅介護のSとM »