« 1996年のデジタル写真 | トップページ | 「老化に挑む」に学ぶ »

2004年9月12日 (日)

ストリートジャズフェスティバル

2004Jaz

写真をクリックすると大きくなります

 9月11・12日、仙台ジャズフェスティバルが開かれました。1991年に25バンドで始まり、今年で14回目となり666組も出場するイベントに成長したようです。この2日間の出場者は3800人、50万人以上の観客が集まるそうですが、市民手作りのお祭りもたいしたものです。こんなすごいイベントなのに私が聞きに出かけたのはたったの2回目、今年はジャズフェスにあわせて、買い物の用事も兼ねてやっと出かけてきました。

 仙台市中心街の通りのあちこちに、ジャズに限らずいろいろなジャンルの音楽が流れています。ジャズと言うと熱狂的なファンが多いようですが、私はそれほどでもありません。スタンダードジャズや女性ジャズボーカルは好きですが、退屈になる演奏や苦手なものもけっこうあります。

 市役所前の市民広場や定禅寺通りをぶらぶら歩き、気に入った演奏の前で立ち止まってはしばらく聞いていました。写真は仙台市定禅寺ビル前のステージ、ビルのガラスの壁に欅並木の大木が映っています。「枯葉」の演奏中、秋風に譜面が飛ばされ、風もジャズフェスの演出を手伝っていました。生粋の仙台人はシャイで、楽しさを体で表現することが苦手な人が多いのですが、ここでは多くの人が体でリズムを表現していました。

 観客は七夕祭りより年齢の高い人が多く、シャツやデニムのパンツをラフに着こなしたおじさんたちが増えたようです。人ごみの中、背筋を伸ばした白髪のご夫婦が手をしっかりつないで歩いていましたが、そのどうどうぶりに、お二人とも海外生活の長い人たちかも知れないなどと想像してしまいました。

 仙台の町並みも綺麗になり、ジャズフェスにあわせて、歩く中高年者もおしゃれになってきたようです。この素敵なお祭りに参加しないのは、仙台市民としてもったいないと思いながら帰ってきました。


|

« 1996年のデジタル写真 | トップページ | 「老化に挑む」に学ぶ »

コメント

setenさん、コメントありがとうございます。

スピーカーから出る大音響は、私も苦手です。そういえばsetenさんは、ノイズ除去で音楽が聞けるイヤホーンを使っていらっしゃいましたね。

私は最近、ラジオの音の雑音が気になっています。


投稿: ようこ | 2004年9月15日 (水) 午後 09時44分

生演奏はいいですね でもスピーカから出る大音響には大いに疲れます。鼓の老化現象の一つなのでね マイク通さない人の生の”うたごえ”を聴きたいと思うようになってきました

投稿: seten | 2004年9月15日 (水) 午後 08時22分

michikoさん、trade55さん
コメントありがとう!

お二人とも、音楽大好きですものね、それもクラシック。

来年はぜひ、ジャズフェスへ行って下さい。

投稿: ようこ | 2004年9月13日 (月) 午後 09時03分

私も、昨年、初めてこの「定禅寺ジャズフェスティバル」を聴いて、ものすごく感激しました。ちょうど、写真の場所に座り込み、いくつかのバンドを聞きました。
昨年は、晴天で、とても暑かったことを思い出しました。
そして、ビルのガラスに欅が映り、音楽の熱演と共に、とても素敵な雰囲気でした。
今年も、「いくぞー。」と思っていましたが、つい、行けずにとても残念に思っていたところ、ここで、嬉しい写真と文章に会うことができました。
ブログと、その仲間って、いいですね!
私も、何とか、近いうちに公開ブログを作りたいと思います。
オフ会、楽しみにしています。

投稿: trade55 | 2004年9月13日 (月) 午前 09時28分

ジャズファステバルに一度はいってみたいと思いながらも今年も残念ながら行くことはできませんでした。お写真と文章を読みて来年こそは行ってみた~い!!仙台もいろいろなお祭りがあって杜の都を誇らしくおもいます。

投稿: michiko | 2004年9月12日 (日) 午後 10時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33418/1418576

この記事へのトラックバック一覧です: ストリートジャズフェスティバル:

« 1996年のデジタル写真 | トップページ | 「老化に挑む」に学ぶ »