« 妻に先立たれた田原総一郎さん | トップページ | 謹賀新年 »

2004年12月10日 (金)

大掃除と整理整頓

 師走というと大掃除、お掃除が好きなわけではないのですが、子供のころからの習慣で、お正月は綺麗な家で迎えないと気がすまない貧乏性になってしまいました。

 体力が年々減少する今、お掃除は10月ごろからちょこちょこ始めます。30分~1時間程度の掃除をこまめに繰り返して、暮れの大掃除は簡単にすますように心がけています。ガラス磨きやカーテンの洗濯・床のワックスかけなどの面積の広い部分は何度にも分けます。照明器具の掃除だけでも、1度に2ヶ所しかしないので、掃除で疲労困憊したり、嫌にならずにすみます。今年は、この「こまめ作戦」が大成功、残りあとわずかです。

 掃除は合格点がもらえそうですが、整理整頓は不合格。納戸や屋根裏はもちろん、車椅子が使えるようにとわざわざ広くした廊下にまで、使わないものであふれています。我が家は捨てる物より、買うものの量がはるかに多いので、年々物が増えてゆきます。私が不要な物と判断しても、家族が買ったものを勝手に処分する訳にはいきません。捨てる許可が出るのに、10年以上かかったものもたくさんあります。以前は、使わないものが住まいを狭くしているこのとに不満でしたが、イライラするより、気にしないで慣れる方が私の体にはいいと思うようになったら、けっこう平気になってしまいました。

 平気になったと言っても、物にあふれている生活は高齢者にとって、不便で危険です。70代までには、本当に必要なものだけに囲まれたシンプルな暮らしがしたい、「物を買うなら捨ててから、レンタルできる物はレンタルで」。

以下私のHPも見てね。
ba-hirake.gif


|

« 妻に先立たれた田原総一郎さん | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

Watari41さん、コメントありがとうございます。

日産自動車のカルロス・ゴーン社長は、手紙を読んだとたんにゴミ箱へ捨てました。
手紙を保存しないの、と、びっくり。

余分な書類はとっておかないのが、整理整頓の基本ですね。
ゴーン社長の下で、若い時に働いて見たかったです。

投稿: ようこ | 2004年12月19日 (日) 午後 10時42分

 会社でも、整理整頓は基本中の基本で、最近有名になった潰れかかった会社の再建請負人は、そのような会社はだいだいにして、汚いというのです。再建の第一歩は整理整頓にあるというのです。それを徹底する過程で会社は立ち直ってくるものだというのです。身につまされる話です。

投稿: watari41 | 2004年12月19日 (日) 午前 11時20分

michikoさん、コメントありがとう。
シンプルな生活をすることは、快適でしょうね。

万が一の場合、残った家族が処分する手間を減らすことができますものね。

なにもかも処分するのではなく、気に入った家具とか少しの思い出3部屋分ぐらいには残して置きたいと思います。

高峰秀子さんの「3部屋」というのが気に入りました。

デザインを変えたので、この情報を登録するにレ点を入れてください。

投稿: ようこ | 2004年12月19日 (日) 午前 12時14分

定年後の第二の職場で仙台へいらした方が最低必要品のみのシンプルな生活がとても快適だとおっしゃっていたんです。
思い出の品など捨てられないでいるんですが、そのうちきっと決心しなければならないのでしょうねぇ。

投稿: michiko | 2004年12月18日 (土) 午後 05時46分

setenさん、コメントありがとうございます。

私もどうしても捨てられないものがあります。
ピアノやエレクトーンは人にあげましたが、最後の電子ピアノだけは何年も弾きもしないのに捨てられません。他にも思い出のあるものは、捨てようと思っても、何度ももとに戻してしまいます。
3部屋の生活とはいいですね。

ところで、setenさんは、いつもコメントが早いですが、だれかがブログを書くと、感知できるソフトを使っているのですか?

投稿: ようこ | 2004年12月17日 (金) 午後 09時46分

3年前の週刊誌「アエラ」が「人生の店じまい」と題して、女性数人のお話を紹介していましたが”50歳で考える きれいな死に方” 高峰秀子さんは いかに美しく老いるか 家財道具・食器も夫婦だけの分を残してすべて処分、家も三間の家にしたそうです。余計なものは捨てるのですね 私も巨大なスピーカーも増幅器も自家用車もすべてお別れしました。眼からメチロが少し出ました
がさっぱりしました。徒然草の 「されば、人、死を憎まば、生を愛すべし。存命の喜び、日々に楽しまざらんや」で行くことにしました。

投稿: seten | 2004年12月17日 (金) 午前 06時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33418/2227584

この記事へのトラックバック一覧です: 大掃除と整理整頓:

» The happiest time [ひかり荘の中高年のmiro です。]
The happiest time comes once in your lifetime. The rest of the time is good for... [続きを読む]

受信: 2005年1月28日 (金) 午前 02時27分

« 妻に先立たれた田原総一郎さん | トップページ | 謹賀新年 »