« 音楽入りのデジタルアルバム | トップページ | ローマに着いた日 »

2005年6月 6日 (月)

花どろぼうさん

h-tessen 両親の家の庭に「花どろぼうさん」が、遊びにきます。どろぼうさんは、実家の駐車場に植えてあるカキツバタやアヤメの花を、毎年むしり採るものですから、咲く花の数がめっきり減ってしまいました。

 

 実家は、駐車場から古い裏木戸を開け、廊下つきの居間のある前の庭を通って玄関前になる、という配置になっています。居間の障子を開けていると、裏木戸から入ってくる人がちゃんと見えます。

 

 5月、私が実家にいる時、裏木戸からだれかお客様が入ってきましたが、しかし一向に玄関を開ける気配がありません。居間から覗いてみると、小柄な女性が玄関脇の竹柵の陰に体を隠して手を伸ばしていてなにかをしている様子、まもなく彼女は裏木戸から出て行きました。

.

 不思議に思って、外に出てみると、竹柵の前に置いてあるプランターに植えていた紫色のパンジーの花がむしり採られていました。母の話によると、紫色の花だけをいつも採ってゆくようです。鉢を見回すと、竹柵から離れたところに置いてある紫色の花もなくなっていました。どろぼうさんは、紫色の花が大好きなようです。

.

 最初のころは母も「花を取っては駄目よ」と、注意をしていたようですが、このごろは注意はせずに、裏木戸の鍵を閉めるようにしていたようです。たまたま、私が鍵を閉めなかったものですから、「花どろぼうさん」も入ってきたようです。竹の柵に体を隠しているのですから、悪いことをしているという意識はあるのでしょう。紫色の花がある場所もわかっているのですから、何度も彼女は遊びにきているようです。

.

 「花どろぼうさん」はどんな生活をしているのでしょう、家族の方々から大事にされているのかしらなどと考えると、なんとなくもの悲しくなりました。先日、実家の庭にバーベナ、モンタナ、サフィニアなどのピンクと白の花を植えてきました。 彼女の好きな紫色の花を植えなかったので、次回は青紫色のサルビアの花を植えてこようと思っています。

|

« 音楽入りのデジタルアルバム | トップページ | ローマに着いた日 »

コメント

michikoさん TOMOかあさん コメントありがとうございます。

紫色の小さい花の集まっているお花は、素敵ですね。
3年前に自分で植えたラベンダーが、今年も咲いたのは嬉しいです。

実家から車で10分ぐらいの所で彼女を見つけた時は、こんな遠くまで来ていて、家に戻れるのかしらと気になったものです。

投稿: ようこ | 2005年6月10日 (金) 午前 05時30分

短編小説を読んでいるような気持ちになりました。
<花どろぼうさん>への暖かい思いが、
じんわり伝わってきました。
彼女にとって、居心地がいい空間になっているんでしょうね。

投稿: TOMOかあさん | 2005年6月 9日 (木) 午後 06時31分

紫色の花が好きな泥棒さんなんですねぇ。

紫は洋服などでは難しい色ですが、お花ではラベンダーやムスカリ、ライラックなど小さい花の集合が とっても素敵で大好きです。

投稿: michiko | 2005年6月 9日 (木) 午後 04時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33418/4427292

この記事へのトラックバック一覧です: 花どろぼうさん:

« 音楽入りのデジタルアルバム | トップページ | ローマに着いた日 »