« ボランティアの七夕飾り | トップページ | パソコンの悲鳴 »

2005年8月23日 (火)

今こそトマト料理(ラタトウーユ)

ratatoyu

2k入りトマト1箱390円!大きさはバラバラだけれど熟れていて今が食べ時。熟れた安いトマトを見つけたら、ラタトウーユを作りましょう。太陽で育ったトマトや野菜の甘みが活かされたお料理で、冷たいままでいただきます。

ラタトウーユをたくさん作って冷凍にしておくと、朝のパン食の時、肉や魚料理のつけあわせ、パスタ料理などにとても便利です。我が家では和食の時でも1皿にしてしまいます。いつもはズッキーニも入れますが、今回は手にはいらなかったのでシメジをいれてみました。トマトが高い冬などは、トマトを煮詰める必要のない缶詰を使いますが、生のトマトで作った方が断然美味しいです。

材料(この半分の量で作ってもOK)

完熟トマト(2K)タマネギ4ヶ(800g)パプリカ4ヶ、シメジ3房

にんにく(大2かけ)月桂樹の葉(2枚)オリーブ油、塩、こしょう

(1)トマトは皮を湯むきして、ざく切りにして、半量ぐらいになるまで(12~15分ぐらい)煮詰め、水っぽさをなくします。

(2)野菜は2センチ程度のざく切り。

(3)ニンニクをつぶし、鍋にオリーブオイル(大さじ3)をいれにんにくをいためて香りを出してから、たまねぎを10分程度いためます。  次にオリーブオイルをたして、タマネギの中に残りの野菜を入れてじっくり炒めます。

(4)(3)にトマトを加えていため蒸し、塩小さじ2強で調味し、胡椒を多めにふって完成。

ba-hirake

|

« ボランティアの七夕飾り | トップページ | パソコンの悲鳴 »

コメント

trade55さん、コメントありがとう!

主婦は食欲がなくて作りたくない時でも、家族の為にいろいろ作りますものね。家族のために料理することで、自分が嫌いなものも食べられるようになったり、健康でいることができる1面もあると思います。

茄子を入れたら、確かにおいしいと思います。
キューリはどんなふうになるのか想像つきませんので、試してみようかしら。

料理を作ってくれる娘さんがいらっしゃる方が羨ましいです。

投稿: ようこ | 2005年8月27日 (土) 午前 06時31分

すみません。茄子を入れると、確かに色は悪いです。
ようこさんの写真のように綺麗な色にはなりません。
でも、茄子好きの私は、味には変えられません。
かなり、ペチャッという感じですが、甘みがあり美味しいです。
料理は、本当はあまり好きではありませんが、家族の為がんばっています。
不思議なことに娘は料理好きで、新しいレシピに色々チャレンジして、手早く作ってくれます。
今度は娘から教わることになりそうな私です。

投稿: trade55 | 2005年8月26日 (金) 午後 08時04分

trade55さんはお料理がお好きなようですね。
若い時は料理をするのが好きだったのですが、このごろは作りたくない時がたびたびあります。

茄子も入れたらおいしいのではないかと思ったのですが、色が気になって、直前に入れるのをやめたのです。
今度作る時には茄子と胡瓜も入れてみます。同じような材料で、夏野菜のカレーも美味しいですね。

コメントありがとうございます。

投稿: ようこ | 2005年8月25日 (木) 午後 10時04分

私もラタトウーユが大好きで、夏は、よく作ります。
茄子と胡瓜も入れます。
野菜たっぷりで、トマトの美味しさを満喫できる我が家みんなのお気に入りです。
トマトはよく熟れたものが、いいですよね。

投稿: trade55 | 2005年8月25日 (木) 午後 09時06分

クオリアさん、コメントありがとうございます。

1日3回も料理を作り続けていると、作る料理が決まりきってしまいます。マンネリ化を脱出するために、時々新しい料理を試してみます。ラタトウーユは3年前に初めて作ってみた料理ですが、我が家のメニューにおさまったようです。

昔のトマトの味がどんなのだったか、もう忘れてしまいましたが、トマトがお好きな方は、ラタトウーユが好きだと思います。
昔のトマトが届くのが楽しみですね。

投稿: ようこ | 2005年8月24日 (水) 午後 10時45分

追伸
はてなで調べたら全国から4名の方から昔の味トマトの情報を貰いました。早速購入して少年時代の懐かしい香りのあるトマトを味わって見ます。その一つが下記URLでした。
http://ichi-online.com/shop/osyokuji/c1077785474.html

投稿: クオリア | 2005年8月24日 (水) 午後 05時38分

トマト大好きなクオリアです 美味しそうですね。現代のトマトは品種改良して昔のトマト独特の香りが無くなってがっかりしています。
なおこの記事もはてなRSSから更新通知が直ぐ入りますので見逃すことなくなりましたしアクセスがワンタッチです。はてなで昔の香りのトマトあるか聞いて見ます。

投稿: クオリア | 2005年8月24日 (水) 午後 01時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33418/5594683

この記事へのトラックバック一覧です: 今こそトマト料理(ラタトウーユ):

» トマト [花辞典]
トマトトマト生物の分類|分類界:  植物界 Plantae門:  被子植物門 Magnoliophyta綱:  双子葉植物綱 Magnoliopsida目:  ナス目 Solanales科:  ナス科 Solanaceae属:  トマト属 Lycopersicum種:  トマト esculentum...... [続きを読む]

受信: 2005年8月23日 (火) 午後 11時16分

« ボランティアの七夕飾り | トップページ | パソコンの悲鳴 »