« 今こそトマト料理(ラタトウーユ) | トップページ | もう1度読みたい本「露の身ながら」 »

2005年8月25日 (木)

パソコンの悲鳴

P8260019  2、3ヶ月前より、デスクトップパソコンから悲鳴が聞こえるようになった。音の発生場所はハードディスクのようである。電源ケーブルをコネクターから抜いて差し直しただけでも直ることもあると教わったことがあるので、試してみると、一旦はおさまったが、1週間もするとまた悲鳴が始まった。こんな症状がでたらデータのバックアップをまめにとっておくことが一番大切になる。

 私のデスクトップパソコンは2000年の3月に購入し、2002年にハードディスクを追加してOSを98からXPにアップしたものである。購入した時はその当時の最高機種を買っておいたお陰か、2002年に買ったノートPCと比べても、けっして動きは悪くなく、ワードや写真などの処理には充分である。しかしなんと言っても御歳6歳、今のブロードバンド環境にかろうじてぶら下がっているという感じである。

 OSを別のハードディスクに入れ替えれば調子が良くなるかもしれないが、6歳のPCには過剰医療のような気がする。 もう買い替えの時期にきているのはわかっているが、我が家には私のPC以外にXPが4台あるので、とてもじゃないがすんなりとは買えない心境である。いざとなれば、居間の家族共通の3歳のノートPCを使えばいいのだ。

 2006年には、また新しいOSがでるとのこと、どうかそれまで生き延びて欲しい!

 我が家の洗濯機やテレビなどの電気製品は、トラブルが起きてからも調整しながらどうにか使い「寿命をまっとうする」というケースが多い。「私の愛するパソコンさま様、どうか2006年まで頑張って!」との願いを込めて、PCのハードディスクに繋がっているフラットコネクターを差し直してみると、なんと悲鳴が聞こえなくなった。PCのスイッチを入れると、カタカタというフロッピーディスクからの音は、まだするけれど、ハードディスクからの悲鳴は、今のところ治まっている。この静けさがいつまで続くか、毎日ヒヤヒヤしながらPCに向っている。

|

« 今こそトマト料理(ラタトウーユ) | トップページ | もう1度読みたい本「露の身ながら」 »

コメント

akiyamaさん、watari41さん、コメントありがとうございます。

akiyamaさんのPCは私より1年前に生まれたのですね。
人間と同じように日頃の手入れがいいから、トラブルなしなのでしょうね。

OSがXPになってから5年も使えるようになったことは、むしろ画期的なことだと思っています。それ以前は、回転がもっと早やくて、もっと頻繁に買い換えるような状況でした。

ワープロ機能を使ったり、インターネットでの調べ物程度だと、
windows98でも、今でも使えるのですが、動画などに使いたいなどと思い始めると、PCを新しくしなければなりませんね。

ハード的な面では、せめて10年は持って欲しいと思いますが、インターネットの環境やソフトの進歩が早いので、現時点ではなりにくのでしょう。しかし、いずれ成熟期に入れば、10年15年とPCの寿命が延びるような気がします。4、5年程度でそんな時代がくるような気がするのですが、どうでしょうか?

投稿: ようこ | 2005年8月26日 (金) 午後 04時48分

前回のコメントで年度数字をミスしました。
2004年は1999年です。2005年は、2000年元旦です。
 お許しください…ボケたかな?

投稿: akiyama | 2005年8月26日 (金) 午前 09時13分

PCの寿命…私も、ひやひやしています。2004年夏からウィンドウ2000を使い、2005年元旦からインターネットも始めました。
プリンターを含めて950ドルの器具ですが、現在まで故障を起こしたことがありません。私はメカは素人ですが、基本的なものは留意しています。キーボードを使用しないときは薄い布で埃を防止しています。また、月に一回はあらゆる個所をバキュウムで誇りを除去しています。モーターを休めさせるつもりで、就寝時は電源を切ります。さて、私の推測ですが、悲鳴をあげるのはモーターの回転軸などではないでしょうか?日本は湿度が高いので、埃と相乗して…
 デンヴァー地区は湿度は低く常に乾燥しています。埃も少ない…現在7年目に入りました。これから何年、働いてくれるか興味津々です。

投稿: akiyama | 2005年8月26日 (金) 午前 09時08分

 ビーガタガタの悲鳴は私も経験しました。3年前です。すぐにも壊れるかと思ってヒヤヒヤしながら使っていたものです。この音がでてから結構もつものです。
 私はここで98からXPパソコンにチェンジしました。
 6年で天寿をまっとうとは、はかない寿命ですね。一年が人間の20年ということになるのでしょうね。ドックイヤーならぬパソコンイヤーでしょうが、感覚的もITの一年が20年というのは何となくわかる気がします。
 

投稿: watari41 | 2005年8月26日 (金) 午前 07時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33418/5635419

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンの悲鳴:

« 今こそトマト料理(ラタトウーユ) | トップページ | もう1度読みたい本「露の身ながら」 »