« はやわざ!年賀葉書当選番号確認 | トップページ | 手抜き「魚の下ごしらえ」 »

2006年1月22日 (日)

「老いる準備」を読んで

oirujyunbi「老いる準備」のタイトルに、ひかれて社会学者上野千鶴子さんの本を一気に読んだ。

フェミニズムとかジェンダーフリーを唱えている人は「意思の強い女」との印象があって、彼女たちの本を好んで読もうという気にはなかなかなれなかった。しかし、上野さんに対する私の先入観念はプロローグを読み始めたとたんにどっと崩れた。本の上野さんは「強い女」という印象はなく、自分の「弱み」をも見せながら、柔らかな考え方で冷静に分析し「老いの過去と未来」を語っていた。

 内容は「向老学」、介護と家族、介護保険が社会を変える、福祉ワーカーズ・コレクティブ、ニューシルバーについてである。

本には、有吉佐和子さんの「恍惚の人」と佐江衆一さんの「黄落」の本を比較しながら紹介している頁がある。二冊の本が出版された時代は違うが、私はその両方ともに介護にかかわっていた。夫からの感謝の一言で長年の介護の苦労が報われたと感じた妻「恍惚の人」、感謝の言葉を最後まで言わなかった夫に失望した妻「黄落」、そして介護離婚もありと考える介護予備世代、介護をめぐる男と女の考え方のずれは、自分の経験を通しても実感として伝わってきた。

介護の問題だけではなく、ワーカーズ・コレクティブやボランティアについて書かれている章も、その時代の社会状況、どのように運営してゆき、どんな経過をだどってきたか、そしてそれらに参加する人々の心根のようなものも見えてきて、とても参考になる。10年前、ボランティアで食事サービスやデイサービスなどを立ち上げた友達の苦労や経過を見て来ているだけに、書いてある内容には本当に納得できる。「人助けをやるのも結局は自分のため。最後に自分に返ってこないかもしれない。・・・将来への投資ではなく、現在の満足のためにやる。他人のためより自分のため」と言う意見にも、ボランティアを続けた私には、実感として伝わってくる。

私のホームページのテーマでもある「老いの準備と覚悟」を、上野さんが学者の専門的な目で整理し分析して、私のために書いて下さったような気までする本だった。

介護福祉の仕事をしている人、ボランティアをしている人、老いの問題を考えている人には、ぜひ読んでいただきたい。

ba-hirake

|

« はやわざ!年賀葉書当選番号確認 | トップページ | 手抜き「魚の下ごしらえ」 »

コメント

michikoさん、コメントありがとうございます。
「元気に老いる」とか「介護経験」とかの本ではありません。介護や老いを取り囲む社会現象とか、その時代時代で変ってきている家族や個人の考え方などが整理されていて、介護経験をした私には、とてもピッタリくる内容だったのです。

元気なお年寄りから学ぶことは多いですが、弱って悲観的な生き方をしている人生の先輩から学んぶことも多いです。

投稿: ようこ | 2006年1月31日 (火) 午後 09時03分

疲れやすくなったり、覚えが悪くなったり動きがスローになったり自分が老いていくのを日々自覚しているのですが、このテーマの本を読むのを延ばしているのです。これから教えて下さいね。

投稿: michiko | 2006年1月31日 (火) 午後 04時33分

qoriaさん、私も高齢者の川柳のファンです。愉快な川柳を紹介して下さってありがとうございます。

運動を続けて、興味のあることを学んだり、自分が楽しいと思うことを続けることが、本当に大事だと心から思っています。

投稿: ようこ | 2006年1月23日 (月) 午前 11時10分

超高齢化の総人口の比率が拡大の一途を辿っています。高齢者の川柳を読むと気持ちが良くわかり苦笑いするようになって来ました。一例「老々の介護も間近 おやじ会」とか「箸持ってて 箸は何処だと妻に聞く」とか「八十歳が 下座に並ぶ敬老会」最近私がバスの中でテニスラケットを持って譲り合い席に座っておりましたら超高齢者が乗ってきました!ドーゾと席を空けました。「老人が老人に席を譲る」の川柳を思い出し心で苦笑。高齢者が日常のご挨拶の如く私はもう「歳をとったから」と高齢者同志が取り交わされる。高齢者は身体は衰えるのは必至だが、精神年齢は運動の継続と楽しい学門を学べば若くなると信じているこのごろです。同志で傷の舐めあい、や人の批判するのを楽しみにしていると身体と精神ともに老化が進む気がしてならないのです。

投稿: qoria | 2006年1月23日 (月) 午前 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33418/8288608

この記事へのトラックバック一覧です: 「老いる準備」を読んで:

« はやわざ!年賀葉書当選番号確認 | トップページ | 手抜き「魚の下ごしらえ」 »