« 伊豆沼の蓮の花 | トップページ | 有料老人ホーム見学(1) »

2006年8月29日 (火)

ブログは個人情報の流出?

Fire05 「ブログやHPは個人の情報がもれるので、私は書かない」と、数人の人に言われたことがあります。ブログやHPを開いている私とって、心の隅っこにいつもひっかかっている話です。

 インターネットは、情報を得るという点では、もうなくてはならない道具になっています。一方、日記風ブログを書くことは、個人の暮らしや考え公開することになり「ブログは個人情報の宝庫で研究するのが楽になった」とさえ、言っていた社会学者がいました。

 自分の情報が流れてしまうことにどれほどの注意をしたらいいのでしょう。いっそブログなんか書かない方が、よけいな心配をしなくてすみます。私のブログには誤字や脱字があり、どこに出かけたかとか、さもない内容に頭のスカスカ状態もバレバレです。

 一方、書くことのメリットは、動きの鈍い私の頭を活性化させ、考えを整理し、記録として残してくれることです。また、コメントをいただくと、手紙をいただくと同じように嬉しいし、手紙より手軽にコミュニケーションができるのは便利です。ミクシーなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の会員数が爆発的に増えた理由が、わかるような気がします。そうは言っても、SNSに入ると、PCに向かう時間が増えることが目に見えているので、私はまだ入会していません。

 コメントを書いて下さらなくとも、私のブログを読んで、お料理を作ったり、本を読んだり、老いの問題を考えたと言って下さった友人もおります。私の知らないどなたかが、私の書いたものを活用して下さっていることもあるかも知れないと考えると、情報が漏れる心配より、楽観的に考えてしまいます。無理をしないで自由に、あくまでも自分のために書いていますが「読み手を意識している点は?」と問われれば、わかりやすい文章を書きたいと思っていることぐらいです。それも私の頭の運動になっているような気がします。

 中には、人を傷つける内容を書いたり、自分の1日の行動を携帯電話から何度も書き込んだりするブログ中毒の方もいるようですが、社会人としての節度を守っていれば、それほど危険なものではないような気がします。

 個人情報のほんの1部は流れてしまいますが、書いていない部分の方がはるかに多く、書かないよりは、書く効用の方が大きいと思うのですが・・・・。

ba-hirake

|

« 伊豆沼の蓮の花 | トップページ | 有料老人ホーム見学(1) »

コメント

michikoさん、コメントありがとうございます。

「ブログは節度さえ守っていれば、その方の考えも理解できるし、いつも実際にお会いしている方のように親しみを感じるようになります。」たしかにそうですね。めったにお会いできない方にも、自然に親しみを感じてしまいますね。ブログを書いている人同志ならそうなのですが、書いていない人から見ると、また違っているのでしょうね。

投稿: ようこ | 2006年8月30日 (水) 午前 05時54分

パソコンが普及しはじめた頃、個人のホームページを持っている方を自己顕示欲が強いなどと云われた時代も確かにありました。

ブログは節度さえ守っていれば、その方の考えも理解できるし、いつも実際にお会いしている方のように親しみを感じるようになります。
いつもお会いしても、その方の行動や考え方がまるっきり解らない場合は、あまり親しくもなれないものではないでしょうか。
ブログを見て「同感」と思えば親しみが倍増しますねぇ!

投稿: michiko | 2006年8月30日 (水) 午前 03時45分

○schmidtさん、コメントありがとうございます。
個人情報について無防備なのは危険ですが、防衛し過ぎるのも大変なことですね。ブログ以外でも、秘密が多すぎる人より、自分をオープンにした人との方が、コミュニケーションが弾むような気がします。

○watari41さん、コメントありがとうございます。
書くことは、精神的に良い効果があるようですね。watariさんのように、温かみがあって、感情的にならない文章が書けるようになるといいのですが。
明け方までPCに向かっていたこともある私ですが、最近は、パソコンに向かう時間をかなり減らしています。

○クオリオさん、コメントありがとうございます。
 若い女性なら、自分を公開するブログに危険を感じますが、もう半分世紀以上生きていると、ブログを書く効用の方を選んでしまいます。

投稿: ようこ | 2006年8月29日 (火) 午後 09時09分

”本来の日本人”らしさ-謙虚さや慎ましやかさから言うと 自分のことを記事で公表することは私の年代から言えば”はしたないと”非難される場合が多いのかも知れませんが、もう電子政府の時代に入りました。また高齢化時代こそブログをとおして、人との出会いの楽しみの方が私には生甲斐になっております。発信できなくなってもブログを訪問する楽しみもあるのですから。おっしゃるように<書かないよりは、書く効用の方が大きいと思うのですが・・・・。>同感

投稿: クオリア | 2006年8月29日 (火) 午後 06時41分

 人、それぞれにいろんな考え方がありますね。私は、どちらかというとあまり気にしない方です。頭にあることは、書いてしまった方が気が楽になることの方が多いのです。
 ただ、ネットワークが広がりすぎて過度に時間をとられるのは考えものですね。

投稿: watari41 | 2006年8月29日 (火) 午後 05時08分

 微妙な問題ですね。ブログ、SNSといった新しい環境を使うかどうかは、その人の判断でいいんだと思います。
 ただ、個人情報というものついて、過度に防衛的になったり、その逆に無防備になったりするのは、どちらもまずいです。
 わたし自身は、自分について可能な範囲で伝える努力をした方が仕事も暮らしもうまくいくようなので、便利な道具や環境はなるべく活用します。そのことで困ったことは特にありません。

投稿: schmidt | 2006年8月29日 (火) 午後 01時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33418/11661952

この記事へのトラックバック一覧です: ブログは個人情報の流出?:

« 伊豆沼の蓮の花 | トップページ | 有料老人ホーム見学(1) »