« 「さよなら、サイレント・ネイビー地下鉄に乗った同級生」 | トップページ | 母の入院 »

2007年2月15日 (木)

頭痛

1月中旬、左側だけの頭痛が数日続いた。たまにズキンズキンすることもあるが、我慢できないひどい痛みではなく、また左の目の奥と左の耳の下にもなんとなく違和感があった。
頭痛は年に2、3回あるが、たいてい市販の痛み止めの薬を1回か2回飲むと落ち着くことが多かったが、この時も1回の服用で痛みが消えた。しかし、1週間もするとまた痛み出した。両親の家事のサポートの他に、昨年の末から母の通院の付き添いが増えて忙しくなっていた。母の一大事に私が寝込んではいられないので、近所のTクリニックへ行った。このクリニックは数年前に開業し、知人から「いい先生なのでのでよろしくね」と、紹介されていたが、まだ予防注射と風邪をひいた時に数回診ていただいただけである。

診察していただいたドクターから、頭を動かすと痛みが増すかとかいろいろ症状を聞かれた。喉を診られ、肩や頭も軽く押されると、あ~痛い!「肩こりからきている緊張性の頭痛のようですね。痛み止めと緊張を緩める薬をだしましょう」との診断。今回は肩こりの自覚症状がないので、尋ねると「肩こりに慣れてしまって、自覚症状がなくなっている人が多いが、肩こりのある限界を超えると頭痛として現れるのでしょう」とのこと。

私は10代から40代まで猛烈な肩こりに悩まされ続けてきた。やっと貧血が良くなり、ひどい肩こりから開放されたと思っていたが、肩こりは完全に治ってはいなかったようだ。今でも美容院で肩もみをしてもらうと「こってますね」と言われる。マッサージをしてもらうと疲れがとれ、気持ちがいいので、美容院へ行く目的の半分がマッサージになっていた。それほどマッサージが好きなのだから、肩こりは完治していないのだろう。

薬は2日飲んだだけで、頭痛と目の奥の不快な症状も取れて、スッキリ。今まで、頭痛で病院にかかったことは、何度かあるが、たいていは熱がないのに風邪薬を処方されていた。肩こりが原因とはっきり診断したのは、この先生が初めてである。先生はサラリと「他にも頭痛の原因は考えられるのですが」と、おっしゃっていた。気になってインターネットで調べてみると、頚椎の異常が頭痛に関係していることもあるらしい。心あたりがあるので、記憶に留めておきたい。

頭痛についてわかりやすいサイトは下記です。
「片頭痛と緊張性頭痛、まぎらわしい頭痛をどう見分けるか?」

日本では、くも膜下出血や脳腫瘍といった命にかかわる頭痛の診断は進んでいたが、片頭痛の診断や治療は遅れていたようです。近年ようやくいろいろなことがわってきたらしい。緊張性の頭痛と片頭痛では飲む薬も違っているので要注意。市販の薬を長期間にわたり飲みすぎて、薬物乱用頭痛で苦しんでいる人もいるらしい。

Tクリニックの先生は、知人の紹介のとおり腕のいいドクターのような気がするが、しかし、開業して数年たつのに患者が一向に増えていないのが気にかかる。

|

« 「さよなら、サイレント・ネイビー地下鉄に乗った同級生」 | トップページ | 母の入院 »

コメント

michikoさん、コメントありがとうございます。
最近パソコンを使う時間は数年前と比べて激減しています。電磁波が怖いのでモニターも液晶に替えました。

野菜の鮮度保持シートの紹介ありがとうございます。まだブラウン方式のテレビが1台残っているので、テレビに使ってみるのも良いでしょうね。

投稿: ようこ | 2007年2月20日 (火) 午後 10時48分

ようこさん、不快な症状が取れてよかったですねぇ~!
現代人はパソコンや携帯など電磁波による肩こり、頭痛が多いようですねぇ。
私は頭痛は無かったのですが以前はパソコンによる肩こりがひどかったのです。
それが摩訶不思議マイナスイオンの野菜の鮮度保持シート(¥2100)をパソコンの下に敷くだけで肩こりが無くなってしまったのですよ。これは絶対に利きますネ。是非お試しください。

投稿: michiko | 2007年2月20日 (火) 午後 09時33分

piomioさん、コメントありがとうございます。

首は大事ですね。私も頚椎亜脱臼(鞭打ち症)で、2度ほど首にカラーをまいたことがあります。首はひっぱらず、カラーと作業療法士さんに教わった首の運動で直しました。その時の肩こりと頭痛は大変でした。

PIomioさんは、首が細くて長いので、負担がかかっているのかも知れませんね。原因がわかり治療ができて良かったですね。

投稿: ようこ | 2007年2月20日 (火) 午後 08時02分

ようこさん、こんにちは。
実は、私も頭痛で大変だったのです。

1年ほど前から時々ひどい頭痛になるのでマッサージを受けたりしていましたが、昨年12月には頭痛薬を毎日飲むしかなくなり(近所の内科から頭痛薬と肩こり緩和の薬をもらっていました)、色々考えた挙句、整形外科へ行きました。

そしたら、MRIで頭の検査などされ「首のところの椎間板が狭くなっていることにより神経にあたって頭痛を起こしている可能性がある」とのことで、その後、毎日、首の牽引治療を10分間受け、4日目位から、効果が出て、今ではすっかり良くなりました。

今後、どうなるのかはわかりませんが、取り敢えず、背筋や首まわりの筋肉を鍛えるべきかと思っています。

投稿: piomio | 2007年2月20日 (火) 午後 05時49分

akiyamaさん、まあ、マッサージのプロだったのですか。仙台に住んでいらしたら、施術していただきたいのに。

近所のマッサージ(整骨医院)やさんが、大繁盛しすぎて、今近所にビルを建てています。

母は週2、3回マッサージに通っていますが、私もそういう年齢になったのですね。
コメントありがとうございます。

投稿: ようこ | 2007年2月16日 (金) 午後 01時52分

schmidtさんコメントありがとうございます。
schmidtさんは仕事がら、肩こり、目の疲れは相当なものでしょうね。
私はここ1,2年パソコンに向かう時間が激減しているので、他に原因があるのかもしれません。

左側だけ痛いというのは、同じですね。
右利きの人は左に、左利きの人は右側に頭痛が出るのかも知れません。左利きの人に聞いてみたいです。

投稿: ようこ | 2007年2月16日 (金) 午後 01時38分

頭痛の要因は、多種多様ですが、今回の、ケースは、肩こりと、植物神経のバランスが狂っていると思います。
 この症状の対策は、「全身指圧」が最適と思います。1回、1時間の施術で治るものでもありません。最低、週一回、日時をきめて受けてみてください。よりよく生きるためには、施術代金の問題など些細なことです……
 高額な食事代を施術費用に活用すれば、それなりに、快適な余生が待っています……と信じます。
 年齢から推察しても、自覚症状に、今は、苦しんでいなくても、肉体全体の、どこかには問題が発生していますから自然治癒を喚起させる「手当て」は必要と思います。

 ボランテイア施術(やく20年)とプロ指圧師(約30年)としての、合計約50年の体験から直感しました。
 余談ですが、性生活を含めて、人間の肉体は「こころ」と「肉体」のバランスの正調が必要です。どこかに、不足、狂いが在ると思います。
東洋医学の真髄を見直してください……祈念!

投稿: akiyama | 2007年2月16日 (金) 午後 01時28分

 肩凝りからくる頭痛にはわたしも時々、悩まされます。仕事柄PC、インターネットで眼を酷使するので、もっぱら左肩から頭の左半分が痛みます。眼の奥に違和感があるのも同じです。
 5年ほど前が一番ひどくて半年に一度ぐらいマッサージでほぐしてもらいました。最近は、あまりひどくないのです。そういえばどういうことなんだろう。抵抗力がついた?
 お大事にしてください。

投稿: schmidt | 2007年2月16日 (金) 午前 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33418/13915310

この記事へのトラックバック一覧です: 頭痛:

« 「さよなら、サイレント・ネイビー地下鉄に乗った同級生」 | トップページ | 母の入院 »