« 忘れられないプレゼント | トップページ | 過剰な寒さ対策 »

2008年1月 1日 (火)

明けましておめでとう!

2008oseti明けましておめでとうございます。

のんびりペースのブログを読んで下さってありがとうございます。コメントには、励まされます。今年もよろしくお願いします。

2008年のお正月の準備はとてもラクチンで、30日はDVDで映画を見てしまうほどの余裕でした。それはお節料理をホテルに注文したからです。

今まで3回ほどおせちを頼んだことがあるのですが、届いたお節は味が濃く、中には既製品の魚の甘露煮が入っていたりと期待はずれのお料理ばかりでした。届いたものは予想に反して手作りしたものが31種も入っていて、品のいい味つけのものばかり。元旦早々縁起がいい!

お節を作るとなると大量の買い物から始まって、調理に後片づけ、お重に詰めるにも色どりなどを考えるので、けっこう時間がかかる。

2008syougatuhana_2お掃除などは早め早めに済ますことができるが、黒豆や酢の物以外は作り置きができず、長い時間台所に立ち尽くすことになる。今回は、年越しそばとお雑煮の用意とちぢみほうれん草を茹でただけだったので、ホントに楽チンでした。

注文のお節が美味しくなかった場合は、もとのもくあみとなり、またお節づくりが復活するのだけれど、今年のお重は美味しかったので、次回も注文しようかな。

今までは、しなければならないことや責任優先の暮らしをして、楽しむことを後回しにすることが多かったけれど、林住期の今こそ、義務はなるべく減らして、楽しいことに時間を使いましょう。

今年は暮らしを変える絶好のチャンス。

 (お正月の花はプレゼント:百合の花が咲くと、これからますます豪華になります)

お節料理:本当においしかったけれど、2日間で食べきれず、3日目は食傷気味。
いつかお正月を温泉で過ごしてみたい。

|

« 忘れられないプレゼント | トップページ | 過剰な寒さ対策 »

コメント

watari41さんいつもコメントありがとうございます。今年もよろしくお願いします。

昨年のデザインを覚えていて下さってありがとうございます。私も3日過ぎればお正月気分はどこへやらなので、ブログを更新して、次のデザインを考えたいと思うのですが、次のテーマが見つかりません。

のんびり、気ままに、したくないことはしないで過ごし、隠居ばあさんみたいな生活をしていますが、活動的な生活を送っていた時より家の中も綺麗になっていて、たいくつもせず、けっこう気に入っています。人生たまには、まったく違った時間を過ごしす時期があってもいいと思います。

投稿: ようこ | 2008年1月11日 (金) 午後 03時39分

 まだまだ、松の内なんですよね。こんな感覚は田舎でもすっかりなくなってしまいました。昔は正月をのんびりと過ごしていたのでしょうね。おせち料理がデパートで売られているなんて聞いて驚いていたのは、はるか昔のこと。
 その当時から、正月を温泉で過すというのは多くの人たちの夢でしたね。
 そういえば、去年の正月のようこさんのブログスキンも、こんな図柄でしたね。

投稿: watari41 | 2008年1月11日 (金) 午後 02時35分

michikoさん、明けましておめでとうございます。
秋保温泉で新年を迎えられたなんて羨ましい!温泉で新年を迎えるのが私の夢なんです。夫は温泉嫌いで~す。

食べてくれる子や孫がいると、料理を作るはりあいがありますね。食事づくりは大変ですが、食べることを楽しみにしている家族と食卓を囲むことができることは、幸せです。

投稿: ようこ | 2008年1月 2日 (水) 午後 09時20分

ようこさん。

新年おめでとういございます。

注文された おせちは美味しくてよかったですねぇ~。

今年は初めてなんですが、
大晦日~元旦を子供達のファミリーと秋保温泉で過ごしてみました。
がヤッパリ昔からの我が家の おせちも作りました。私の手作りの味を覚えている孫達の期待もあって 「孫の為ならエンヤコ~ラ」なんです。
ようこさんの「義務を減らして楽しいことに時間を使う」ホント!!私も移行中です。

投稿: michiko | 2008年1月 2日 (水) 午後 06時16分

クオリアさん、今年もよろしくお願いします。散歩続けていらっしゃるのはいいことですね。12月は数回しか散歩できませんでしたが、今年は元旦に30分ほど歩きました。歩くと自分の体調がわかりますね。

「吉村 昭の遺稿」や津村節子さんの作品は読んだことがありません。いつか読んでみます。

投稿: ようこ | 2008年1月 2日 (水) 午前 11時54分

TOMOかあさん、元旦にコメントありがとう。
今年もよろしくお願いします。

ほんとは、お雑煮だけ用意し、玄関の正月飾りとおせちを省略しようかと思ったのですが、夫に話したら「エ~・・・」と、言う返事だったので、注文することにしました。

新婚のころ「お節を丁寧に作るか、元旦に着物を着るので、料理はほどほどに作るか、どちらがいい?」と、夫に聞いたら
「おせち!」と、即座に答えが返ってきて、その一言で私の人生が決まってしまいました。

投稿: ようこ | 2008年1月 2日 (水) 午前 11時46分

ようこさん いい年を迎えられオメデトウございます。健康をお祈りします。

当方は相変わらず今年も散歩と遊ぶことを考えると意気が上がります。

これも年末に宿題「吉村 昭の遺稿」を読んで妻・津村節子さんのあとがきがまた素晴らしく私の思いを書いてあるようで感動いたしました。きしくも私の同級会の場所が毎年越後湯沢です。其の地に吉村 昭氏が眠っていると妻・津村節子さんが書いてありました。今年も楽しみができました。

投稿: クオリア | 2008年1月 2日 (水) 午前 07時22分

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

おふたりで、お正月を楽しんでる様子が伝わってきます。
料理人さんの手を尽くしたお節、
見ているだけでも、美しいですね。
季節の風習を大切にされる心~に感心します。
うちでは、手抜き手抜きで・・・お恥ずかしい。(^_^;)

投稿: TOMOかあさん | 2008年1月 1日 (火) 午後 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33418/17548006

この記事へのトラックバック一覧です: 明けましておめでとう!:

« 忘れられないプレゼント | トップページ | 過剰な寒さ対策 »