« 家電製品の買い替え | トップページ | 「留守模様」って素敵! »

2008年8月29日 (金)

ゴミの有料化を夢につなぐ

 何年も前になるが、親たちの荷物を数年かけて片付けたことがある。戦争中の物まで出てきたのにはビックリし、私は気に入った少しの物でシンプルに生活したいなあと思った。戦争を経験した親世代は、何十年と使わないものでも大事にとっておいたし、そうならざるえない理由があった。大量の荷物で後の人たちに迷惑をかけないよう、私がシニア世代になったら使わないものは譲るなり処分し、気に入った少しの家具で暮らしたいなあと思っていた。

 しかし、理想と現実にはギャップがあり、いつの間にか親よりはるかに物持ちになってしまった。TVやパソコンは部屋ごとに置いてあり、様々な電気製品や大型家具に囲まれて、とんでもないことになっている。

 家具は使っているので簡単に処分できないが、10月からゴミが有料化になるのをきっかけに少しでも物を処分したいと思った。特に、私よりはるかに物持ちで「とっておきたい症候群」の夫に片付けてもらうには絶好のチャンスである。「今度ゴミが有料化になるので、捨てていいものを選んで欲しい」と、春から夫をせっついていた。

08asagao  なかなか動き始めない夫に「ビデオテープを減らしてはどう?」と提案すると、彼はめずらしく納得して、β版のテープ1本1本をチェックし始めた(BHSではなくβ版です)。デジタルTVの大型画面に映し出して見ると画像の荒さが目立つが、名の知れたメーカーのテープはほとんど再生できた。保存したいものが見つかると、DVD-Rに書き込んでいるので、まあ気の長い作業となった。

 私なら、β版はまとめてドサッと捨てるけど・・・。箱にもテープにもタイトルがきちんと記入されて情報や資料を大事にしていることがよくわかる。β版はまだ半分以上残っているが、捨ててOKのテープが大きなゴミ袋3ケになった時、私は正直嬉しかった。そのまま袋にほおりこむとテープの箱の角と重さで袋が破けるので、一旦紙袋やビールの空き箱にきちんと並べて捨てたが、夫の知識を捨てるようでちょっとシンミリ。人のことばかり言っていないで、自分のテープも処分しようと思ったら、β版はとっくになくて、BHS版24本処分し、保存したのは5本だけ。私は必要ないと思うとすぐ重ね撮りするので本数が少ない。

 片付けばかりしていると気が変になるので2ヶ月のんびりしていたら、有料化までの期限がたったのひと月となった。私の「捨てて欲しい」お願いコールを連呼する時期のようだ。屋根裏収納には、博物館に贈りたいようなパソコン関連の物が山ほどある。せめてもう3袋は捨てて欲しい。数週間前「5インチのフロッピーディスクは捨てていいなあ」と、ぽっりと言っていたのを聞き漏らしてはいない。

 自分の気に入った家具や道具にだけに囲まれてのシンプルライフの夢はかなり遠いけれど、歳をとればとるほど片付ける気力体力は失せてゆく。夢をかなえるべく、有料化になっても、私は年に数回まとめて捨てることは続けますが、夫はどうでしょうか。

写真は、カーポートの柱で咲いた朝顔

|

« 家電製品の買い替え | トップページ | 「留守模様」って素敵! »

コメント

watari41さん、コメントありがとうございます。
>男って過去の記憶・記録をなかなか捨てがたいんです。ご主人はよく思い切られましたね。

どうもそうらしいですね。( ̄ー ̄)ニヤリ
凝り性なので、量が尋常ではありません。
私の物を処分して夫の置き場所を作るのですが、そんな程度ではとても間に合うものではありません。
工場にアルバイトに行って、整理整頓を学んできて欲しいです。

投稿: ようこ | 2008年9月 2日 (火) 午後 06時29分

男って過去の記憶・記録をなかなか捨てがたいんです。ご主人はよく思い切られましたね。整理と整頓は違うんだと、在職中によくいわれたものです。整頓とは、ただ並べ替えてきれに見せるだけ。整理は不要なものは捨てることだと。私はいつも整頓に終わってしまっているんです。

投稿: watari41 | 2008年9月 2日 (火) 午後 03時45分

michikoさん、コメントありがとうございます。
学生時代の友だちで「2日後に転勤と言われても、引越しできるわよ」と、言う人がいました。
数年おきにご主人が転勤する方なのですが、学生の一人暮らしかと思うほど、品物が少ない暮らしをしていました。
菜ばしも1本だけ、Tシャツは1シーズン着たらすぐ処分するような人でした。
彼女は、ゴミの有料化も片付けるきっかけにはならないでしょう。

投稿: ようこ | 2008年9月 1日 (月) 午後 10時30分

何処の家もおなじなのでしょうか・・・・?
我が家もゴミ有料化を機会に不必要なモノの整理と思いましたが、
過去の思い出も捨てるような気がして なかなか処分が進まないのです。
もう一ヶ月を切ろうとしているのに・・・・。

投稿: michiko | 2008年9月 1日 (月) 午後 05時27分

クオリアさん、コメントありがとうございます。

情報が失われるということだけでなく、年月の過ぎる速さをも感じるとは、確かにそうですね。

練炭火鉢ですか、あらまあ懐かしい。万が一の時を考えると、火鉢か野外のバーベキューセットがあるといいかなと思っています。

投稿: ようこ | 2008年8月31日 (日) 午後 09時15分

お気持ち良くわかります。私もβ版のテープを廃棄処分のする時には気が落ち込みそして年月の過ぎる速さを感じました。

思い出が詰まっている石炭ストーブと陶器制の練炭火鉢は捨てられず毎日みては寂愁の思いに耽っていますよ
練炭は倉庫に仕舞っており災害用に?と思っています。家族には笑われていますが。

投稿: クオリア | 2008年8月31日 (日) 午後 03時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家電製品の買い替え | トップページ | 「留守模様」って素敵! »