« 「留守模様」って素敵! | トップページ | 中高年の元気な暮らし方 »

2008年10月21日 (火)

ブルーベリーを育てよう

私の住んでいる団地に「仙台泉プレミアム・アウトレット」と「泉パークタウン タピオ」誕生。オープン前に近隣の住民に「プレオープン」の招待があり、ブルーベリーの苗木をいただきました。苗木には大好きなバラもあったのですが、バラは本当に気に入った品種を育てたいので、我が家にはないブルーベリーを選びました。4、5日ほったらかしにしていたのですが、植物を枯らしてしまうことはできません。

ブルーベリーについては「品種の違うものを一緒に植えると実がよくつく」と、いうことしか知りませんでした。甘酸っぱい青い果実が自分の庭で育つのを夢を見て、品種の違う苗木と鉢や土などを買いに園芸店に行きました。

土の袋の山の前で、年配の園芸店の男性が高齢の女性に、丁寧に説明をしていました。「あの人に聞いたら教えてくれそう」、先客が話し終わるのを待つ間、デザインの気に入った鉢を選んでワゴンに積んでおきました。先客の話しが終わった後「ブルーベリーを育てたいのだけれど」と、相談をすると、彼はちょっと関西弁なまりでとても親切に説明して下さいました。園芸店で丁寧に説明してくれるのはたいてい、高齢の男性です。しかも、植物のことにとても詳しい。初めて育てる植物を買う時には、なんと言っても、詳しく説明してくれる店員さんのいるお店がいいです。

忘れないように、しっかり頭に記憶してきました。

まず、私の選んだ縦長の鉢は水はけが悪いので駄目、ブルーべりは横に根を張るので、寸胴で底の穴の大きいものがいいそうで、菊鉢のようなものを選んで下さいました。さてさて、肝心のブルーベリーの選び方です。店にはハイブッシュ系とラビットアイ系がありました。ハイブッシュ系は寒さに強い品種で関東より北の地域での栽培に適するようです。

いただいたものはハイブッシュ系「ウェイマウス」、もう1本ブルーベリーを選ぶとしたらハイブッシュ系の違う品種を選ばなければなりません。私は東北の地にあいそうな「ノースランド」という苗木にしました。ブルーベリーは酸性の土を好むので、最初から調合してある「ブルーベリー用の土」を選びました。

その他、教わったことをメモ、メモ

○今日教わったことで一番大事なこと
 ブルーベリーの土は水を吸いにくいので、バケツに土を入れ、水をたっぷり吸収させてから使うこと。

○水を好むので、鉢植えの場合、夏は朝晩2回の水遣りをする。

○真夏は西日のあたらない所で育てること。

○水分の蒸発を少なくする為、ミズゴケを上に乗せると管理しやすい。

○肥料は実がなった後にお礼肥えをあげるといい。

ヒャー、けっこう水遣りが大変そう。その反面過湿はよくなく、水はけの良い土に植えなければならないとは・・・。ブルーベリーは、無農薬栽培ができ、育てやすい果物と思っていましたが、手がかりそう。ここまで説明していただいて「めんどうくさそうだから、もういい」と、やめる訳にはゆかなくなりました。それに、彼の植物への熱い情熱がこちらにも伝わってきて「ブルーベリーを育てるぞ!」と、言う気になってきたのです。土2袋、ミズゴケ、鉢2ケ、苗木1本で、5千円弱のお買い上げ!800円の安い苗木が午前中に入荷したばかりで大助かり。

家に戻ると、熱の冷めないうちに、さっそく土に水をたっぷり含ませて泥をかき混ぜ、鉢底に軽石をしいて、泥んこを入れ、ブルーベリーを植えつけました。ゴム手袋をして泥をかき混ぜるのは、子供に戻ったようでけっこう面白かった。「植物名の名札を大事にとっておくこと」との親切な店員の話を思い出し、名札を鉢に差し込んで、我が家の植物ノートにも名前を書き込んで、ブルーベリーの植えつけは終了。

重いものは持てなくなってきてるし、庭仕事は、なるべく手がかからにようにして行く方針だったのに、ついまた手のかかるものを増やしてしまった。でもでも、野菜を育てるほど手はかからないし、自分の庭のブルーベリーの実を食べてみたい。「歳をとったら、ちょっと手のかかる命あるものを育てると、暮らしにはりあいがでる」と、言っておられた吉沢久子さんのエッセーを思い出し「私はまだまだ若い!」と、自分を励まして。

|

« 「留守模様」って素敵! | トップページ | 中高年の元気な暮らし方 »

コメント

TOMOかあさん、コメントありがとうございます。
庭仕事って楽しい時もあるけれど、大変だと思う時もありますね。
我が家もお礼肥えや最後の庭掃除はしなければなりません。
鉢まだ外に出しっぱなしです。

投稿: ようこ | 2008年11月17日 (月) 午前 06時41分

ようこさんの所に来た<ブルーベリー>は幸せものです~♪
可愛がられて、春には可愛いベルのような花を咲かせるでしょう。
楽しみですね。(^o^)/

昨日は3ヶ月ぶりに庭の草取りをしました。
まぁ~まぁ~~~すごいっ!!
部屋にやっと鉢も取り入れました。
新幹線に乗ってやってきた記念の<源平かずら>・・・葉がありません・・・。
部屋で復活するといいのですが~。A^^;)

投稿: TOMOかあさん | 2008年11月17日 (月) 午前 12時39分

watari41さん、コメントありがとうございます。

ブラックベリーのジャムは食べたことがあります。実はすっぱいのでしょうか。watari41さんの庭は広くて、いろいろなお花や果木があるのでしょうね。

我が庭は狭いのですが、芝草の雑草取りができなくなっているので、手のかからないようにしようかどうか考え中です。夫は草が伸び放題でも気にならないと言っていますが・・・。

投稿: ようこ | 2008年10月22日 (水) 午後 06時03分

 いいお話でした。我が家にもあったと思ったらブラックベリーでした。
 丁寧に育てれば、良い実がつくのでしょうね。来年が楽しみですね。

投稿: watari41 | 2008年10月22日 (水) 午後 05時35分

michikoさん、コメントありがとう。
午後から出かけた方が懸命でしたよ。
オープン10分前に並んだのですが、30~40分外で待ちました。食事をするのも15分並びました。でも面白かったです。

図書館に行って、金港堂に寄るのがいつものコースなのですが、日曜日の4時なのに、混んでいて、図書館から、モールに移転した本屋まで歩くはめになりました。その点は前より不便になりましたが、当分楽しめそうです。歩いて行けるmichikoさんちが羨ましいです。

投稿: ようこ | 2008年10月22日 (水) 午前 12時50分

ようこさんもプレオープンは朝早くゆかれましたか?
ブルーベリーでよかったですネ!!
私、午後から出かけたら行列はあまりしていなかったのですが苗木が残り少なくて選べなかったのです。貰ったのは白いバラでした。

投稿: michiko | 2008年10月21日 (火) 午後 09時10分

クオリアさん、こんにちわ。
家族が無農薬野菜を作っているなんて羨ましい。
本当は私も無農薬の野菜を作りたいのですが、体力的に無理なのであきらめています。家族が作っていたら、私は手伝うのですが。

投稿: ようこ | 2008年10月21日 (火) 午後 08時39分

(v^ー゜)ヤッタネ!! ご自分で育てたブルベリーがみのわに実った時の、ようこさんのうれしそうな顔を思い浮かべていました。

私の長女の夫も定年を迎えて無農薬野菜作りをはじめました。隣近所に食べていただかないと余ってしまうほどの収穫がありました。(トマト・インゲン・きゅうり・チンゲンサイetc)おかげで私は三食、野菜をいただいています。

投稿: クオリア | 2008年10月21日 (火) 午後 02時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「留守模様」って素敵! | トップページ | 中高年の元気な暮らし方 »