« ブルーベリーを育てよう | トップページ | 冷凍でお正月! »

2008年12月 4日 (木)

中高年の元気な暮らし方

「中高年のみなさま、朝元気 、昼まあまあ、夜ぐったり 」
「まさにそのとおりでございます。綾小路きみまろさま」

1日外出したり無理をすると、夜はぐったり。翌朝元気になればいいが、疲れがとれないこともあり、次の日や翌々日を休息にあてることが多くなった。そこで、このごろはしたいと思ったことの、6~7割程度実行できれば満足と思うようにしている。1週間、ひと月、それぞれの単位ごとに余裕をもたせ、予定を書き込まない空白日を多くしている。

今日、7時半に出かける用事があった。それをすませた後、デパートに寄ってお歳暮を出してきた。午前11時半、まだまだ元気である。電気屋さんに寄って、前から買いたいと思っていた加湿器を買いに行きたのだけれど、そこまですると翌日に疲れを残すと思い、家に帰って昼食を食べ、お昼寝をグーグー。

お昼寝の後は気分爽快元気モリモリ、調子に乗って、電気屋さんへ出かけて加湿器を買ってきた。電気店内をウロウロしたいけれど、これが限界、目的がすめばすぐに帰る。

今日は、3ヶ所に出かけ、いつもより活動的な1日でした。お昼寝をしなかったら8時ごろ眠くなっていたはず。今夜は大好きなTVドラマ「風のガーデン」が10時からあるのが楽しみ。疲れを感じていないので、10時まで起きていられそう。

友だち、知人の中には、毎日あっちこっちと出歩いて活動的に人生を楽しんでいる人、パート勤務から常勤の仕事にかわった人もいる。一方、孫の世話や親の介護で疲れ、気力と愛情でがんばっている人もいる。

「私の、したいことの6割の暮らし方」と言っても、親の介護で無理をせざるおえない友を思うと、自分の意のままに予定を立てることができるようになった今に感謝である。中高年が長く元気に過ごしてゆくコツは、したいことを6割程度に留めておくのがいいような気がする。

追記
翌朝グッタリ!お昼寝で元気を回復した気になり、電気屋さんに出かけ、調子に乗ってブログまで書いたのがよけいだった。「したいことは6割に」と心がけているつもりが・・・。今日は1日、家でのんびり。1週間の予定を詰め込まないでいたことが、救い!

|

« ブルーベリーを育てよう | トップページ | 冷凍でお正月! »

コメント

michikoさん、コメントありがとうございます。

まあ、ギックリ腰とはお大事に。
歩く歩数が少なくても腰にくるし、歩きすぎても腰にくるし、自分のほどよいガンバリ度を年齢ごとに見直すことも必要なのでしょうか。
michikoさんは、とてもお元気なので7~8割の、生き方でもまだ大丈夫なような気がします。

投稿: ようこ | 2008年12月 6日 (土) 午後 03時33分

watari41さん、コメントありがとうございます。

疲れているのに眠れないということは、疲れが抜けませんね。私は数回しか経験したことがありません。夜の時間をゆったり静かに過ごしていても、眠れないのでしょうね。今は、害の少ないいい薬があるようで、、睡眠導入剤を飲んでいるシニアがとても多い気がします。私は外泊する時だけ、念のため薬を用意します。

投稿: ようこ | 2008年12月 6日 (土) 午後 03時25分

クオリアさん、コメントありがとうございました。
高齢になってからは空白の日は、休養にあてたり、急に予定が入っても体にあまり負担がかからず調整できますものね。

家事の大変さを理解していただき、女として嬉しいです。夫も主婦が忙しいことがわかったようですが、協力するまでは・・・。

投稿: ようこ | 2008年12月 6日 (土) 午後 03時09分

ホント!予定を詰め込みすぎると 後で疲れがでてしまいますのよねぇ。
先頃も軽いギックリ腰になり、原因を考えると張り切りすぎだったなぁ?
と反省しています。
ヤッパリ6割がいいようです。

投稿: michiko | 2008年12月 6日 (土) 午前 09時51分

 全く同感です。私は医者に行ったところ、年齢からくるものが大きいようですと。そして個人差も大きいんですね。疲れているのに眠れず、眠り薬に頼っているんです。薬の害よりも眠れない害の方が大きいと。

投稿: watari41 | 2008年12月 5日 (金) 午後 03時13分

空白の日を作っておくことは行動の選択が多くなるから良いことですね

加湿器は冬の必需品になりました。

掃除洗濯だけでも時間がかかることを退職後わかりました。あらためて妻に感謝しているこの頃です。

投稿: クオリア | 2008年12月 5日 (金) 午後 12時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブルーベリーを育てよう | トップページ | 冷凍でお正月! »