« 老齢基礎年金の繰上げ | トップページ | 両親とみちのく杜の湖畔公園 »

2009年3月 7日 (土)

白洲次郎ドラマスペシャル

Shirasu1_2 「篤姫」と「風のガーデン」が終わりTVを見る楽しみが半減していたところ、NHKで「白洲次郎」のドラマスペシャルが先週の土曜日から始まりました。今日は2回目、地上デジタルでは9時からの放送ですが、それまで待ちきれずに、5時からのハイビジョン放送を見ています。

 「私たちは戦争に負けただけで、奴隷になったわけではない」と、どうどうと言い切る白洲次郎、占領軍から「従順ならざる日本人」と呼ばれた日本人がいたことが、誇らしい。

ワクワクしながら衿を正して見ています。3回目は、8月放送予定。(9月に放送されました)

NHKのサイト白洲次郎

ドラマの原案は、
「白洲次郎 占領を背負った男」(北康利著)
「次郎と正子~娘が語る素顔の白洲家」(牧山桂子著)

我が家の書庫には、夫が購入した白洲次郎、白洲正子、青山二郎について書かれた本が揃っています。次郎の娘の牧山桂子さんが書かれた「白洲次郎と正子の食卓」をながめてみると、正子さん好みの器に佳子さんの作られた料理がもられておいしそうなものばかり。むずかしそうなお料理ばかりならんでいるのかと思うとさにあらず、調味料の量まで書かれていなくとも、作れそうな料理が多く、文章も白洲夫婦の人柄の片鱗が見えて面白い。

Makiyamakeiko_2 普段は夫と読書の好みがまったく違うので、夫の蔵書を読むことがほとんどないけれど、牧山佳子さんが書いた「次郎と正子」も読みたくなる本です。青山二郎の本には、食指が動きそうもありません。

たった今、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)、韓国を相手に14対2で日本の圧勝。めったに野球を見ない私が3回裏まで見てました。今日はTVが楽しい日でした。

|

« 老齢基礎年金の繰上げ | トップページ | 両親とみちのく杜の湖畔公園 »

コメント

watari41さんコメントありがとうございます。

8月の最終回の放送が楽しみですね。
それまで、白洲次郎のことをもう少し知っておきたいと思いますが・・・。
なん冊読めるかしら。

投稿: ようこ | 2009年3月14日 (土) 午後 12時30分

小説や映画上のカッコイイ男は沢山いますが、実在の人でいたんですよね。終戦直後のあの雰囲気では、なかなか言えないことを言ってますね。
私らも、幼い時ながら進駐軍のジープを見ると怖くて、家の中に隠れていたもんです。

ブアイソウとは、これまた面白い名前をつけたもので
すね。すごい方がいたもんです。8月の最終回には、憲法草案にまつわる話になるんでしょうね。

投稿: watari41 | 2009年3月14日 (土) 午前 10時07分

michikoさん、コメントありがとうございます。
「遅くれた」なんて、とんでもございません。
いつでもけっこうです。
コメントいただいて感謝。

日本の歴史を動かした白洲次郎さん、今まで歴史の表舞台にでていなかったのも素敵ですね。

投稿: ようこ | 2009年3月13日 (金) 午前 07時21分

コメント 遅れて ごめんなさい。
このところとても忙しかったの・・・。
白州次郎と聞いただけで 私の胸はときめくのです!!
歴史を動かす人物は魅力的!
白州次郎さんは近現代の方ですので写真も多いし、接触のあった方達の証言などからその人物像がよ~くわかります。
本当に素晴らしい方ですよね。

投稿: michiko | 2009年3月12日 (木) 午後 06時23分

クオリアさん、コメントありがとうございます。

クオリアさんならお会いしているかも知れないと思っていました。
現在も白洲次郎のような、ジェントルマンに活躍して欲しい時代ですね。

投稿: ようこ | 2009年3月 9日 (月) 午後 08時03分

現在でも欲しい日本のリーダー白州次郎氏です。

私が昭和30年ころある会社の建設現場に働いていましたがその時の会長が白洲次郎氏でした。イギリス製ランドロバーで建設現場に視察に来ましたがそのときのラフなスタイルが車とマッチしていて非常に好感をもった思い出があります。お付きの先輩から屋台もお好きな人間性豊かな方と聞いていました。朗読では白州正子著「補陀落渡海」を習いましたがご夫婦とも素晴らしい心を持ってる方ですねNHKの企画に感謝

投稿: クオリア | 2009年3月 9日 (月) 午前 09時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 老齢基礎年金の繰上げ | トップページ | 両親とみちのく杜の湖畔公園 »