« 白洲次郎ドラマスペシャル | トップページ | 京都一人歩き(その1) »

2009年5月 9日 (土)

両親とみちのく杜の湖畔公園

Cut0010_2 5月7日川崎町にある「みちのく杜の湖畔公園」に、野山が好きな両親と義理の妹と行ってきました。
天気は薄曇り、時々お日様が顔を出します。暑くなく、心地よい新緑の風が時折優しく吹いてきて散策には最高のお天気。なんと言っても山々の萌黄色の緑の濃淡が美しく、寿命が延びた感じがしました。

両親ともに足が弱ってしまったので、2台の車椅子を借りました。2年前は二人とも車椅子を使うことを嫌がっていたのですが、今は素直に車椅子に乗ります。メインの公園のみの散策でしたが、車椅子が使いにくいデコボコ道や坂道にゴムマットが敷いてあり往生した所があり、68点のバリアフリー度でした。

花壇の花に見とれていると、川崎町立富岡中学校の女子生徒から母がすずらんをいただきました。男子生徒が女子生徒と母が並んだ記念写真を撮影。花には、少人数の富岡中学校の紹介と生徒からのメッセージが添えられていました。すずらんをプレゼントする活動は「昭和29年、富岡中学のひとりの女子生徒が修学旅行した折、東京に集団就職したお姉さんに故郷のすずらんを届けた」ことから、始まったようです。

Cut0021若い人との思いがけない出会いに心が暖かくなりました。ちょっと遅めの昼食は、シベールの杜で経営しているお蕎麦やさんで。味は70点ぐらいなのですが、新緑の山を見ながら食事ができ、お店の雰囲気もいいので、90点でした。

家にもすずらんが咲いているのですが、昭和29年から続いている「思いやりのすずらん」を植えました。「ありがとう!」

 

|

« 白洲次郎ドラマスペシャル | トップページ | 京都一人歩き(その1) »

コメント

瑛理子パパさん、コメントありがとうございます。

元気モリモリのご様子、大変けっこうでございます。

「定点観測しておられます我が家のご主人さま」にも、若さと元気をわけていただきたいほどです。
自然の多い中をクロスバイクで、走るのはさぞかし気持ちがいいでしょう。今冬は雪が少ないことを祈ってます。

泉区にいらした時には、またどうぞお寄り下さいませ。

投稿: ようこ | 2009年10月30日 (金) 午前 10時36分

 いつの間にか、すっかり秋めいてきました。その後一向ご無沙汰をいたしております。ひさしぶりにお邪魔して書き込みを拝見しておりましたら「みちのく杜の湖畔公園」の記事が!
 小生も今年の春、行ってまいりました。クロスバイクに乗って(笑)。槻木から52号で村田に抜けて、川崎に向けて凄い坂道にメゲながら、「人生、坂また坂!」と気合いをいれつつ、「公園」前に到着。食事をしてから入ろうと前を素通りして突き当たりのスタンドへ。おばちゃんに職務質問(?)されつつ遊んでいたら、釜房湖のど真ん中を突っ切ってグルッと周回することに。春風が強くて危うく湖面に落ちそうになりつつも無事に一周! 気分を良くして、帰り道は下りですからペダルを回すこともなく飛んでもなく短時間で帰宅したのでした。 ということで、公園の「中」を見るのをすっかり忘れてしまったというお粗末(笑)。
 来春こそ、綺麗なお花を観賞してきます。2台目のロードバイクも買ったことですし(笑)。
 お元気で。また遊びに寄せて戴きます。ご主人にも宜しくお伝え下さい。一緒に走りましょう!って(笑)。

投稿: 瑛理子パパ | 2009年10月29日 (木) 午後 04時33分

watari41さん、おはようございます。

気候のいい時期なのに、たしかに人は少ないですね。
連休中は駐車場に入れなくて戻った人も多かったと聞いています。
渋滞などで車に乗っている時間が長くなると、高齢者も私も疲れるので、連休明けに予定を組んでいたのです。

写真を改めて見たら、確かに少ないですね。
たまたまとくに少ない時に写したようです。
もう少しいらっしゃいました。

昭和29年のすずらんのプレゼントの話が後輩に伝えられ、平成の時代にまで受け継がれていると言うのは、すごいことですね。

投稿: ようこ | 2009年5月10日 (日) 午前 11時05分

「みちのく杜の湖畔公園」花と新緑で、今が最高ですね。それにしては人が少ない。
ご両親の健在なことは何よりです。川崎の中学校は味なことをやりますね。田舎だからできるということもあるんでしょうか。

投稿: watari41 | 2009年5月10日 (日) 午前 10時30分

クオリアさん、コメントありがとうございます。
美しい季節がめぐってきて、この季節をじっくり味わえる時間が持てることに感謝ですね。

幸せな老後には本人や社会の問題などがありますが、どんなまずしい国でも子供に優しくしてもらえることが一番かと思っています。

投稿: ようこ | 2009年5月10日 (日) 午前 06時01分

若葉色のういういしい色が漂うような文に癒しを感じました。

とても好い"とき"をすごされましたね。すずらんが毎年咲くたびにこの風景は変わらないでしょうね

投稿: クオリア | 2009年5月 9日 (土) 午前 11時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白洲次郎ドラマスペシャル | トップページ | 京都一人歩き(その1) »