« 京都一人歩き(その1) | トップページ | 田辺聖子さんはカッコ好き! »

2009年6月18日 (木)

京都一人旅(その2)人形にひかれ「アイトワ」へ

9aitowa0020 京都2日目は、百人一首をテーマとした体験博物館「時雨殿」で遊び、嵯峨野の天龍寺をじっくり味わい、天龍寺の北門から出て、竹林の道を抜け「常寂光寺」に向かいました。

車が1台通る時は、人はお腹を引っ込めて車を避けなければならないほどの狭い道になりました。喫茶店の看板を見つけましたが、お蕎麦が食べたかったので、店に入らず、入り口を通り過ぎると、その店の庭の木に坐っている可愛いお人形を(写真)見つけました。人形にひかれて、店の入り口にもどってお店の中へ。

注文したピザとコーヒーを待っている間、展示販売している人形や絵葉書や本などをながめていました。この人形たちには、いつかどこかで出合ったことがあるような懐かしい感じがしました。

お店の方に聞いてみますと、この店は「アイトワ」というカフェテラスがついている人形工房で「いきいき」などの雑誌に紹介されたことがあるそうです。何回か記事を読んでいるので、なつかしい気持ちになったはずです。

「アイトワ」とは、「愛とは?」「愛と環」「愛永遠」の3つの意味を込めて、名づけられたようです。

思いがけず、この店のオーナーでもあり、人形作家の森小夜子さんとお会いすることができました。ご主人の森孝之さんの著書「エコトピアだより」と佐代子さんの愛らしい人形の絵葉書を買いました。

9aitowa0021_2 森小夜子さんに、帰りの京都駅までの電車の時間をお聞きしてから、人形の展示室を見せていただきました。ガラスケースに入っているお人形たちは、洗練されていて、かつ今にもおしゃべりを始めそうな感じです。

「アイトワ」の隣は見学予定の「常寂光寺」でしたが、その見学はパスして、嵯峨嵐山駅へのんびりぶらぶら歩き、夫と約束している京都駅に向かいました。

一人のぶらぶら旅では、いろいろな人との出会いがありました。夫婦にも、いつかは永遠の別れがきます。一人旅は、いつか訪れるであろう一人の時間をどう生きて楽しむかの予行練習・・・。

「エコトピアだより」は、とても読みやすい文章で、地球や人間に優しい生き方(自然循環型社会)を考えさせられ、気持ちがホンワカします。エコエコと叫ばれるようになってきても、電気などのエネルギーをたくさん使う暮らしをしている現代、森ご夫妻のような生き方をしている方がいることに救われます。なかなかマネはできそうもありませんが、なにかひとつでも実践できたらいいなあ。

|

« 京都一人歩き(その1) | トップページ | 田辺聖子さんはカッコ好き! »

コメント

watari41さん、昭和60年のことをよ~く覚えていらっしゃいますね。
嵐山の竹林は美しいですね。そこを歩いていたら、オルゴール館の宣伝マンがピエロ姿で歩いてきて、びっくりしました。
京都駅の側のホテルに泊まっていたので、嵐山へは、JRで行きました。
「アイトワ」の近くに「人形の家」とか館とかいう看板を見ていますが、どちらの記憶なのでしょうね。
嵐山でいただいた観光地図には「人形の家」が、載っていたので調べてみます。
こういうやりとりは、面白いですね。

投稿: ようこ | 2009年6月19日 (金) 午後 02時51分

2日目は方向を変えて、嵯峨野・嵐山ですか。天竜寺から出ての竹林が何ともいえずきれいなんですよね。嵯峨野一帯の竹林は手入れが行き届いているんですよね。昔は大阪から行くと阪急電車の四条大宮から嵐山線に乗り換えてだと思いましたが、今はそのまま地下にもぐって河原町から京都駅の方まで行くんでしょうね。人形の店は名前は覚えていませんが、昔もあったような気がしてます。その昔とは昭和60年が最後の京都だったと思います。

投稿: watari41 | 2009年6月19日 (金) 午前 10時40分

クオリアさま、コメントありがとうございます。

人形と出会わなかったら「エコトピアだより」を読むこともなかったと思います。ぶらぶら歩きでの、思いがけない出会いは、面白いですね。

そう、前の京都駅から、神社仏閣が見えてましたね。

投稿: ようこ | 2009年6月19日 (金) 午前 04時58分

京都一人旅(その2)も楽しくゆっくり読みました。

人の出会いの不思議と出会いは癒しにつながりそして大きな環になるものですね。
「アイトハ」ハワイの言葉?と一瞬感じましたが愛の環であったのですね
お店を通り過ぎお人形を見なければ環はなかったけどようこさんにお人形が店に来てね とメッセージを発信したようにおもいましたよ よかったですね
京都駅は近代的になってしまいました。
昔の京都駅からは神社仏閣が見えてましたアイトハを感じる駅でした。残念

投稿: クオリア | 2009年6月18日 (木) 午後 03時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都一人歩き(その1) | トップページ | 田辺聖子さんはカッコ好き! »