« 田辺聖子さんはカッコ好き! | トップページ | 電気代半分に »

2009年8月30日 (日)

人生応援団

Bcut009_0609bara 定本「頼藤和寛の人生応援団」がすこぶる面白い。定本は、精神医学者・頼藤和寛先生が、産経新聞に「人生応援団」と題して身の上相談を担当していらした時の1部を、まとめたものです。ドクターの回答は異色で、愉快で、日々悩んでいる人の視点をかえて下さる本です。

頼藤和寛さんを知ったきっかけは、田辺先生の「楽老記Ⅳ」を読んでいた時。(エッセーなどを読んでいると、読んでみたいと思う本が次々でてくるので、楽しい!)

頼藤和寛さんは、昭和22年生まれ、麻酔科、外科を経て、精神科へ。阪大病院勤務、大阪府中央児童相談所などに勤められた。平成3年より産経新聞の人生相談を担当なさった。

平成13年4月、がんにより永眠。その体験を綴った「わたし、ガンです-ある精神科医の耐病気」も、死を前にした冷静な思考には、学ぶところが多い。頼藤和寛先生が、もう少し早く病院で検査を受けていらしたら、今も人生相談を続けていることができ、うつ病患者が減ったことでしょう。先生は、死を目の前にしても、人生に淡々としすぎでした。

先生は、30冊以上の著書を残しておられます。2冊しかまだ読んでいないけれど、定本「頼藤和寛の人生応援団」は、2度も読んでしまった。図書館で借りていた本なので、アマゾンに注文しようと思ったら、残念、もう販売していませんでした。

「わたし、ガンです-ある精神科医の耐病気」発行文藝春秋(文春新書)は、在庫あり。

今日は、衆議院選挙、午前中に投票をすましてきました。投票場はいつになく人が来ていたような気がします。正直、今回ほど、投票する人や政党について、考えことはないような気がします。今夜は何時まで起きていられるかしら。

 

|

« 田辺聖子さんはカッコ好き! | トップページ | 電気代半分に »

コメント

クオリアさん、コメントいただいて嬉しいです。

「頼藤和寛の人生応援団」の先生のコメントは、漫談になるくらい愉快で豪快なのですが、胸にぐんと響きます。

本がないので、ここに写したいぐらいですが、そこまでの気力はありません。


投稿: ようこ | 2009年9月 3日 (木) 午後 08時17分

素晴らしい先生でしたね

<死を前にした冷静な思考には、学ぶところが多い>
余生が短くなるほど大切な言葉です。

好い言葉、ありがとうございました。

投稿: クオリア | 2009年9月 3日 (木) 午後 03時51分

watari41さん、コメントありがとうございます。
昭和2年生まれでガンで亡くなった方は、奥様にも病名を告げなかったなどと、そんなことが今の時代でもあるのですね。妻の立場としては、話して欲しかった、と思うのですが・・・。話さない方が良い、関係だったのですね。

民主党が圧勝しましたが、期待と不安が同居している感じです。

投稿: ようこ | 2009年9月 1日 (火) 午後 12時23分

頼藤和寛先生のことは知りませんでした。ガンになってもジタバタしない人って、一般人にも意外に多いんですね。
今日は、103歳で亡くなった近所のおばあさんのお通夜です。この息子さんは昭和2年生まれで、私と同じ頃にガンになりました。告知についてのいろんな選択肢があったのですが、この方は高齢の母親に心配をかけられないと、自分だけが知り、家族には知らせないという告知方式を選んだのでした。
発見が遅かったこともあり、この方の奥さんも、思い病気だと思ってはいたが、何がなんだかわかららないうちに亡くなってしまったんです。私も同病でしたので、奥さんからいろいろと聞かれ説明してやったのが5年前のことになります。
 精神科の医者と言うのは面白い人が多いですね。頼藤和寛先生はさらにまたユニークですね。
 昨日の選挙は、投票締め切りと同時に当然確実と、各党最終予測議席が出るんで、起きていることもなかったですね。

投稿: watari41 | 2009年8月31日 (月) 午後 02時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 田辺聖子さんはカッコ好き! | トップページ | 電気代半分に »