« 京都一人旅(その2)人形にひかれ「アイトワ」へ | トップページ | 人生応援団 »

2009年8月14日 (金)

田辺聖子さんはカッコ好き!

田辺聖子さんの著書は、20代から読み始めて、かれこれ40年近く読み続けている。
聖子さんの本はユーモアに富んでいて、温かくて、リズムが良くて、スラスラ読めてしまう。

しかし、シリーズもの『楽老抄』のⅢとⅣを読んでいて、初めて気がついたことがある。やたら<>や〔〕が多いし、言葉の中に、カタカナを混ぜて表記したり、ルビも多い。

『楽老抄-そのときはそのとき』の108頁から引用 

<そやから、島唄、いうとんねん>
彼にいわせると、開聞岳より湯湾岳のほうが高くて立派だと、島人は言挙げして誇りたい。
しかしそれをいうと<やまとンちゅ>(内地人)は傷つき不愉快だろうとおもんぱかり、ただ、二つの山名を並べて、讃美するにとどめた、と。

言挙げ(ことあげ)  讃美(さんび)  ルビが振ってある。

会話の「」の代わりに<>を使っているようである。文中の説明的な部分には()を使っている。

今年の初めごろ、NHK番組「生活ほっとモーニング」に出られた時、田辺さんが大阪弁を使った著書について話していられた。
「地方には地方の言葉があるのだから、大阪の言葉で恋愛小説を書いたっていいでしょう。目で読んでいて、わかりやすくしかも、綺麗な大阪弁を使うことに工夫をしたのよ。耳で聞いて綺麗でも、文字にすると汚く見えるものは、表現を工夫したのよ」と、いうようなことを言っておられた。

大阪弁で恋愛小説を書かれたのは、田辺さんが最初だったとか。また、のりのいい大阪弁のリズムを表すのに、カタカナの使い方を工夫なさったようです。

109頁のカタカナをいれた言葉や半角ひらがなの使い方
エエのんよ
ちょびッとの才能
元気の出るコトバ、ないんですかっ

田辺さん独特の表記を気にして読むと、もう気になって読書がはかどらない。
1980年代に書かれた著書をパラパラめくってみると『楽老抄』ほどではないけれど、すでに<>や〔〕を使い始めていらっしゃる。しかしこの時代は、普通の「」がダンゼン多い。田辺聖子さんに「カギカッコ」の使い方をたずねてみたい!

オー!ここまで書いてパラパラと再読していたら、231頁に関西弁についての文章が載っていましたよ。

私が世に出た昭和四十年代というのは、本当に東京弁ばっかりの小説しかなかったんです。そんなおかしなことはない。日本中の人が、その土地その土地で生活しているのに、そのお国訛りが小説に出ないはずはないと思っていました。
でも、お国訛りのある方言の小説を、その土地以外の方に読んでいただいて、おもしろく思ってもらうには、もっと表記方法を勉強しないといけません。カタカナや平仮名にしたりとか。また、わかりにくい言葉は、まず普通の言葉を書いて、その横にルビの体裁で方言を添えるとか・・・何かいろいろ工夫したら、こんなにバラエティーに富んだ、おもしろい言葉がいっぱいある日本ですから、もっともっと小説が楽しめるとおもいますね。

ここの文章は、聞き手がいて答えているので、括弧は一般的な使い方をしてました。

8月14日、久しぶりに青空が出て、やっと梅雨が明けたような感じ。
仙台は32度、暑い、暑い。
しかし、夜になると、風はもう秋の気配。時間の過ぎるのハヤ~イ。
暑さに弱い私は、昼寝の時間が長くなるので、よけいに1日過ぎるのが早い!

|

« 京都一人旅(その2)人形にひかれ「アイトワ」へ | トップページ | 人生応援団 »

コメント

michikoさん、コメントありがとうございます。

京都から金沢は、比較的近いので、大阪弁は聞きなれていらっしゃるのでしょうね。

大阪弁には、ガラが悪いものもありますが、田辺さんの使われている、はんなりして、品のいいのもあるようですね。

投稿: ようこ | 2009年8月19日 (水) 午後 09時52分

秋の夜長、静かに好きな作家の本を読む・・・。
いいですねぇ~!!

カタカナで書いた会話は視覚的にも大阪弁の雰囲気が
よ~く出ていますねぇ~。

投稿: michiko | 2009年8月19日 (水) 午後 09時25分

秋の夜長、静かに好きな作家の本を読む・・・。
いいですねぇ~!!

カタカナで書いた会話は視覚的にも大阪弁の雰囲気が
よ~く出ていますねぇ~。

投稿: michiko | 2009年8月19日 (水) 午後 09時24分

watari41さん、コメントありがとうございます。

>大阪弁で小説を書くって難しいんですね。
むずかしさを意識させられることなく、すらすら調子よく読んでいました。

読んでいると、大阪弁の抑揚のせりふが聞こえてくるような気がするのですから、田辺さんの大阪弁の文章は、とびきりうまいのでしょうね。

投稿: ようこ | 2009年8月16日 (日) 午後 07時24分

大阪弁で小説を書くって難しいんですね。話しているのは、そういう風に思って聞くから、違和感が少ないのですが、文章にするとそうなんですね。
昔の「候文」とか漢文字文は、方言の差異を消しているんですね。そんな風な感じを持ちました。
現代文では、現地語を説明する()が必要になってきたり、いろんなカッコのお世話になる必要があるんですね。

投稿: watari41 | 2009年8月16日 (日) 午後 04時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33418/45933457

この記事へのトラックバック一覧です: 田辺聖子さんはカッコ好き!:

« 京都一人旅(その2)人形にひかれ「アイトワ」へ | トップページ | 人生応援団 »