« 母の日は桜とすいせん | トップページ | 薔薇のぜいたく »

2010年5月30日 (日)

六本木の美術館へ

2010_0530boston1_2 5月28日、六本木の「森アーツセンターギャラリー」で開催されている「ボストン美術館展」と国立新美術館の「オルセー美術館展」に行ってきました。

ボストン美術館とオルセー美術館(パリ)の1部が、ただ今、改装工事中なのです。「今まで海外に出したことのないお宝が日本に出展(来日)してくるはず!」と、言う期待感と、開催されるふたつの美術館は歩いて行ける距離にあり「1度で2度美味しい」との、欲張り根性も手伝って行ってきました。

10時ちょっと過ぎに、ボストン美術館展が開かれている六本木ヒルズの「森アーツセンターギャラリー」に入館。展示室に入館したとたんレンブラントが描いた「肖像画」の一対の迫力にビックリ、「ワースゴイのが来てる!」。圧倒されて、入り口で立ち止まってははいけません。期待を胸に、どこに好みの絵があるか全体をさっと早足で確かめてから、再び入り口に戻り、ゆっくり鑑賞する絵とさっと眺める絵との緩急をつけて進みました。

エル・グレコの祈る「聖・ドミニクス」もいい!エル・グレコなどの宗教画は、暗い感じで20年前には好みではなかったのですが、今は、ラファエロやミケランジェロもじっくり味わえるようになってきました。(今回はラファエロやミケランジェロの展示はありません)が。オープンしてからすでにひと月以上すぎていたからでしょうか「押せ押せ」の賑わいではなく、程よい込み合いでした。

昼食は六本木ヒルズ。六本木ヒルズと言うと、高級レストランのイメージがありますが、食べ放題のデザート、飲み物つきのお弁当がなんと千円!こんな庶民的なレストランもあります。今回で2回目の利用。お店の雰囲気が良く、デザートも美味しいのですが、コーヒーとお弁当がイマイチ。次回は、予算を少しアップして、別のレストランにしましょう。

2010_05302 午後には、本日の本命の用事をすまして、5時前に国立新美術館の「オルセー美術館展」へ。金曜日ということで、美術館は午後8時までオープンしていました。

5月26日にオープンしたばかりなので、さぞかし混雑しているかなと覚悟していたのですが、昼間鑑賞なさる方はすでに帰られ、仕事帰りの人の見学はこれからということなのでしょうか、それほど混みあっていなくて、こちらもついていました。

アンリ・ルソーの「蛇使いの女」と「戦争」は、圧巻。「こんなのが趣味なの?」と、聞かれれば、今までは、じっくり鑑賞しない絵の部類に属していたのですが「ルソーさん、貴方の絵の迫力と何故名画なのかちょっと感じることができましたよ」。

オルセー美術館は駅舎を利用した趣のある建物。古いものをいかして街づくりをするお国がら、どんなふうに改築されるのでしょか、楽しみでもあります。どちらかというと出不精の私に「また、パリに行きたい!いえいえ、ヨーロッパならどこでもいい・・・・」との、希望がわいてきました。

|

« 母の日は桜とすいせん | トップページ | 薔薇のぜいたく »

コメント

michikoさんコメントありがとうございます。

>最近BSハイビジョンで火曜日の8時からプレミアム8という画家の生涯を伝える番組を見ています。
 
はい、私も見ています。今週はドガでしたね。セザンヌもプレミアム8だったでしょうか。いろいろな美術番組があり、どこで見たのか混乱します。

日曜日美術館はたまにしか見ないのですが、30日放送の「ピカソをふった女(?)」も、面白かったです。

画家の数奇な人生、小説を読むようですね。

投稿: ようこ | 2010年6月 4日 (金) 午前 06時05分

一日に 大事な用と美術館を2つ回られて 充実の一日でしたねぇ~!
私も以前に新国立でイブニングチケットという夕方からの割り引き料金で観てきたことがあります。
最近BSハイビジョンで火曜日の8時からプレミアム8という画家の生涯を伝える番組を見ています。
独学で学ばれた画家は個性的な画風で魅力的ですね!!
中島潔画伯は金子みすずの鰯の大漁の誌から大きな影響を受けられたのですね!
金子みすずは物事を両面から見つめる素晴らしい感性の詩人でした。

投稿: michiko | 2010年6月 3日 (木) 午後 08時24分

watari41さん、コメントありがとうございます。

>何とも理解しがたい画風でしたが、

はい、どうしてあんな絵を思いつくのか、不思議ですね。アンリ・ルソーは、独学で絵を習得したそうなので、ことさらルソーの個性が出せる絵になったのでしょうか。
ルソーの真似をして、今なら似たような絵を描いている人がいると思うのですが・・・。
最初に始めた人は偉い!

投稿: ようこ | 2010年6月 1日 (火) 午後 04時39分

クオリアさん、コメントありがとうございます。
音楽に詳しいことは存じていましたが、絵画の鑑賞もなさるのですね。

はい、私も「クローズアップ現代」を見ていました。
中島潔画伯が描いた清水寺の「イワシの大群」の襖絵は、圧巻でしたね。そうそう、金子みすずの詩からイメージして描いたそうで、最初の絵は、女の子がイワシの大群に流されそうにイワシと同じ方向を向いていたのですが、襖絵になると、イワシの大群をきりりとした賢そうな眼で見ていて、命・エネルギーを感じましたね。イワシの眼が白くなっているのは、月の光りを写しているとか・・・。眼を描きこんだらどうなるのでしょうか?

投稿: ようこ | 2010年6月 1日 (火) 午後 04時31分

 話題の美術展をご覧になってきましたね。
アンリ・ルソーは、抽象画と具象画の結節点にある画家なんでしょうね。何とも理解しがたい画風でしたが、改めて考えるとそんな気がしてきました。

投稿: watari41 | 2010年6月 1日 (火) 午後 03時05分

ルソーを高く評価していたピカソが画家の芸術性を称えていたそうですね。その世界的名画を東京で鑑賞されてよかったですね。
画家というものは鑑賞する人になぜか生きがいを与えてくれると思っています。
昨夜TVで「異端の画家」清水寺に挑むを見ました。中島潔画伯が「いのちの無常と輝き」を表現するため、過去何度も描いてきた金子みすずの代表的な詩「大漁」を4たびテーマに選び画伯が5年をかけて描いた「イワシの大群の絵」は、圧倒的な存在感を放っていました。「いのち」のメッセージを聞き観たような感動をうけました私の歳だから強く感じたのかもしれません。

投稿: クオリア | 2010年6月 1日 (火) 午後 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33418/48498599

この記事へのトラックバック一覧です: 六本木の美術館へ:

« 母の日は桜とすいせん | トップページ | 薔薇のぜいたく »