« 御所と離宮見学 | トップページ | 元旦 暮に父入院 »

2011年7月11日 (月)

東日本大地震 2011年3月11日

3月11日の東日本大地震が起きてから、4カ月。
地震で家族や家や職場を失った方々のことを思うと、被害の少なかった自分のことを
ココログにアップできないでいました。

●3月11日14時46分 マグニチュード9.0 
  
  震度7   栗原市
  震度6強  仙台市宮城野区・石巻・塩釜など
  震度6弱  仙台市青葉区・若林区・泉区など
  震度5強  仙台市太白区など

●お亡くなりになられた人数 (行方不明者数)

 警視庁まとめ  7月11日現在

 全国 15550人 (5344人)

 宮城 9300人 (2807人)
 岩手 4584人 (2247人)
 福島 1600人 (286人)

 お亡くなりになった方の数を覚えておきましょう。

●いまだに避難していらっしゃる方の数(宮城県)1万3500人

●福島第1原発に到達した最大津波13M

未来ある子供たちのために、放射能汚染のない綺麗な日本、綺麗な地球を残しておきたいものです。
お亡くなりになられた方々の冥福を祈ると共に、なお苦難に立ち向かっていらっしゃる被災者のみなさま、くじけないで下さい。また、被災地の復旧やきれいな日本にするために働いて下さっているみなさま、ありがとうございます。

○3月11日からひと月ぐらいは、自分の暮らしのことで精一杯。
電気は24時間でついたのですが、水の確保、食料の確保、散乱した物を片付けてゆくことでくたくたの日々。親戚・友達・知人も無事でひと安心。

ひと月を過ぎると、地震関係の番組を見たり、記事をゆっくり読む余裕ができたのすが、被災者の辛くすさまじい体験を知ると、胸が苦しくなり、気持ちが沈んだ日々を過ごしました。
ゴールデンウィークが過ぎたころ家の中の9割が片付き、ようやく元気になってきて、暮らしのリズムも取り戻すことができました。

避難所暮らしの人は、いまだに万単位でいらして、原子炉の汚染除去や防止、津波被害の復旧になん十万人もの人たちが、働いて下さっています。また、放射能の汚染におびえる暮らしをなさっている人々も大勢いらっしゃいます。東日本大地震から日本が立ち直るには、なん年もかかるのでしょう・・・・・。

●余震 4月7日:午後11時32分 M7.4 

震度6強:仙台市宮城野区・栗原市
震度6弱:仙台市青葉区・若林区
震度5強:大和町・富谷町  (泉区はこのあたりでしょうか)
震度5弱:仙台市太白区

|

« 御所と離宮見学 | トップページ | 元旦 暮に父入院 »

コメント

michikoさま、コメントありがとうございます。
4月11日の地震も長くて怖かったですね。
2階に寝ていて、揺れがおさまるまで部屋の出口にある2階の廊下の棚を、つい抑えていました。
夜、一瞬、真っ暗になったような気がするのですが、
停電はしなかったでしょうか。
細かいことは忘れてしまいました。

投稿: ようこ | 2011年8月 5日 (金) 午後 09時34分

4月7日の余震は大きかったですねぇ~。
3:11と同じくらいに感じ、恐怖でした。
携帯が通じているうちにと無事を知らせる連絡を済ませてから寝ました。

投稿: michiko | 2011年8月 5日 (金) 午後 08時17分

クオリアさんコメントありがとうございます。

iPad2でデジブックを楽しんでいらっしゃるようで、いつもながら素晴らしいですね。
「未曾有・想定外」などと言われている大津波ですが、歴史書を調べていた人々は大地震と大津波への不安を持ち続けていらしたようですね。

ジョウガン地震が起こったことが地質関連の学会で認められ、4月からは、地震や大津波などの対策が見直されようとしていた矢先の災難でした。

今回の大災害が、未来の人のために役にたつように残しておくことが、私たちの役割ですね。

投稿: ようこ | 2011年7月19日 (火) 午前 06時29分

物理学者 寺田寅彦 著 津波と地震をiPad2の本棚からだして再読しまた吉村昭著ひとり旅も繰り返し読むほどに日本太平洋沿岸に大津波・巨大地震が人間の寿命が尽き三代目あたりの約250年になると襲われることが歴史上の事実として残っており仙台平野も内陸3㌔以上にわたり津波に襲われたことが東北大学の調査で証明されましたね
吉村昭さんは資料を徹底的に調べて著書に事実を書かれるのですきなのですが三陸の世界一防潮堤に驚かれたそうですが明治29年と昭和8年に襲来した大津波が襲い。明治29年の津波体験者に会って大津波の回想を聞くことが出来た50メートルはある巨大津波であったそうです。
この事実を原発設計に採用せず採算のみで核処理技術も無いまま建設し非常用の周辺機器の配置をおろそかにしついにメルトダウン-核拡散という地獄のような人災事故に発展していますね。
私の至福のPCデスクの放射線を測定したら0.1ベククレル妻の部屋が0.06ベクレルでした。牛肉も汚染され私の大好きな福島の名産「桃」は食べられないでしょうね
子供たちの将来にあまりにも酷な負債を残してしまったことを深く反省しています。愚かなること人間!です。

投稿: クオリア | 2011年7月18日 (月) 午後 08時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 御所と離宮見学 | トップページ | 元旦 暮に父入院 »