2005年10月 6日 (木)

光電話工事の災難(2)

buz015

10月2日(日)
昨日つないだ光電話、なかなかスムーズに繋がりません。電話をかけると、ベルが2回ぐらいなった後、無音になり、2回、3回とかけなおしてやっと繋がる状態です。電話を受け取った場合も同じような症状、無音の後に、相手の声が突然聞こえてきて、びっくりするようなケースもありました。

10月3日(月)
NTTに不具合を連絡すると、午前10時ごろ来てくれました。
「光電話ってむずかしいのですね」と私。「いやー簡単ですよ」とNさん。「1階と2階への屋内配線がしてあり、ファックス、子機の他に違う電話も使ったりと、一般的な家より複雑です」と言うNさん。そうかな?2世帯で住んでいる家では、我が家のような使い方をしている家が多いですよ・・・と、返事をせずに思っていました。ちょっとした問題が2箇所あり修正して、トラブルは解消したとの結論、正午にNさんたちは帰りました。

さっそく、親戚・友達に電話をかけたり、かけてもらったりして確認しましたが、まだ直っていな~い。NTTのNさんの携帯に連絡すると「ファックスのついている電話が光電話に対応してなさそうなので、ファックスつきの電話を繋がないでください」とNさん。言われるとおりにして、またもや、親戚・知人に電話をし、どんな具合か携帯電話で様子を聞きながらチェック。ファックスつきの電話が問題でないことも確認し、再々度NTTに連絡。

3日夕方、同じ交換機を使っているエリアで、我が家と同じ症状が出た家が1件あったとのこと。我が家の問題ではないことを、NTTはようやく理解した様子。午後11時、NTTの交換機の不具合が判明し、交換機をリセットしたらしい。インターネットと光電話は同じケーブルを使っているが、なんらかの関係で大量のデータが送られ、異常パケットというモノが発生して、音を送る部分を圧迫していたとのこと。これでやっと本当に電話が通じるようになったのです。

4日(火)朝
NTTの子会社のKさんがきて、スムーズに繋がることを確認。「私の家でも光電話の申し込みをしているのですが、こんなトラブルがあるのなら心配になってきた」と、Kさんは言って帰りました。

夜、NTTから再度電話、我が家のようなトラブルが、全国で発生したとのこと。今日、全国の交換機の点検をして、インターネットの異常パケットが、音を送るエリアを圧迫しないような工事をしましたとの報告がありました。

電話ごときで、4日間のバタバタ騒動。NTT東日本の光電話サービスが始まってから半年、しかももっと前から光電話のサービスをしているエリアがあるのに、なんということなのでしょう。トラブルはとっくに解消されているはずと思って申し込んだのに、我が家は、NTT新システム集中被災地のようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年10月 4日 (火)

光電話工事の災難 (1)

buz004我が家は2003年から、インターネットは光回線を使っています。2005年春、NTT東日本では、光電話サービスも始めました。光電話を使えるようにする工事費用は5千円程度だったと思います。これからは、電話も光の時代のようですが、ADSLを使ったIP電話の不具合を聞いていましたし、早い時期にNTTの新しいシステムを利用して、失敗した経験が数回あったので、しばらく様子を見ることにしました。

6月11日放送、NHK「くらしと経済・IP電話を上手に利用する」を見ました。ADSL回線を使ったIP電話と光電話の違いや、光電話は同じ電話番号が使えることなどをわかりやすく説明していました。光電話はどうやら安心して使えそうです。NTTに何度か質問をして、9月の中旬の工事予定となりました。しかし、待っている間に、10月から工事費が無料になることを知り工事日を10月1日に変更しました。

10月1日(土)
光電話の工事は数時間で終わるとのことなので、夫に留守を頼み、私は朝から出かけました。

工事は午前9時から始まり、なんと午後5時までかかり、1日に6人もの人が出入りしたそうな。光電話につなぐNTTのルーターが故障してると言うことで、ルーターの交換。交換した後に気がついたことは、最初の光電話用のルーターの設定番号と、入っていた箱に張ってあった番号が違っていて、パソコンでの設定がうまく行かなかったようです。午後5時、繋がったことを1回確認して、NTT東日本さんの工事は終了しました。

「ずいぶん簡単なチェックだ」と、夫は不安を持ったようですが、疲れ果て、一人ビールで乾杯をしていました。午後5時10分、外出先から私はカエルコール、電話のベルが数回なった後、無音になり話をすることができませんでした。2度目はつながり、工事が丸1日かかった話に私はビックリしました。

夫は予定していた午後の仕事もできず、工事の人が入れ替わり立ち代り1日中家にいたので疲れはてていましたが、ともかく工事終了に私たちはひと安心しました。しかし、その後も災難は続きました。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005年9月19日 (月)

パソコン買い替え

2005pc30使っていたパソコンから、異常音が出て数ヶ月、ファイルのバックアップを取っていても、いつ壊れるかわからない状況は体にワル~イ。数ヶ月もトラブルが解決しなかったので、新しいパソコン(本体のみ)を買いました。

モニター、キーボード、マウスは古いものを利用。ソフトはWindowsXPの基本ソフトのみ。今までと違うところは、DVDへの書き込みができ、TV番組を録画できるTVチューナが入っている点です。スピーカーは、ウォークマン時代に使った超古いアイワのスピーカー。繫いでみたら、けっこういい音がするではありませんか。最新のパソコンは古い周辺機器に囲まれています。

○新しいPCのスペック

ツートップ仙台店オリジナルPC:Vip MP-240DVR

OS:WindowsXP     CPU:Intel Pentium4 3.0EGHz
メモリー:512MB     HDD:160GB
TVチューナ:canopus MTV-2005  

購入価格:8万1680円
マザーボードとTVチューナーの相性テストで、納期は2週間かかりました。

異常音を出し続けていたパソコンを、昨日、立ち上げてみたら、音が静かなのです。今日もSWを入れてみると静か、いったいどうなっているのでしょう。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年8月25日 (木)

パソコンの悲鳴

P8260019  2、3ヶ月前より、デスクトップパソコンから悲鳴が聞こえるようになった。音の発生場所はハードディスクのようである。電源ケーブルをコネクターから抜いて差し直しただけでも直ることもあると教わったことがあるので、試してみると、一旦はおさまったが、1週間もするとまた悲鳴が始まった。こんな症状がでたらデータのバックアップをまめにとっておくことが一番大切になる。

 私のデスクトップパソコンは2000年の3月に購入し、2002年にハードディスクを追加してOSを98からXPにアップしたものである。購入した時はその当時の最高機種を買っておいたお陰か、2002年に買ったノートPCと比べても、けっして動きは悪くなく、ワードや写真などの処理には充分である。しかしなんと言っても御歳6歳、今のブロードバンド環境にかろうじてぶら下がっているという感じである。

 OSを別のハードディスクに入れ替えれば調子が良くなるかもしれないが、6歳のPCには過剰医療のような気がする。 もう買い替えの時期にきているのはわかっているが、我が家には私のPC以外にXPが4台あるので、とてもじゃないがすんなりとは買えない心境である。いざとなれば、居間の家族共通の3歳のノートPCを使えばいいのだ。

 2006年には、また新しいOSがでるとのこと、どうかそれまで生き延びて欲しい!

 我が家の洗濯機やテレビなどの電気製品は、トラブルが起きてからも調整しながらどうにか使い「寿命をまっとうする」というケースが多い。「私の愛するパソコンさま様、どうか2006年まで頑張って!」との願いを込めて、PCのハードディスクに繋がっているフラットコネクターを差し直してみると、なんと悲鳴が聞こえなくなった。PCのスイッチを入れると、カタカタというフロッピーディスクからの音は、まだするけれど、ハードディスクからの悲鳴は、今のところ治まっている。この静けさがいつまで続くか、毎日ヒヤヒヤしながらPCに向っている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年5月29日 (日)

音楽入りのデジタルアルバム

  1. cd1itaiy イタリア旅行の写真80枚を、パワーポイントというソフトを使って、BGM入りのデジタルアルバムに仕上げました。

 

 自分の好きな音楽をいれ、写真にも動きをつけて編集してゆく工程は、自分の記録映画を作っているような楽しい作業でした。写真を風車のように回転させたり、ズームアップしながら、スクリーンに登場させたりと、ゲームをしているようにいろいろ遊べます。私はパワーポイントという有料ソフトを使いましたが、Windowsについているフリーソフト「ムービー・メーカー」を使っても、充分楽しいものが出来上がります。

 アルバムを作る時、最初に決まったのがBGM、音楽は「アリヴェデルチ・ローマ」と「タイム・トウ・セイ・グッバイ」にしました。自分の好きな音楽を入れることができることも、楽しみ倍増です。デジタルアルバム作りは、旅の思い出を整理しながら記憶を確かなものにしてくれました。ますます自信がなくなってゆく記憶力、そんな私にうってつけの作業でした。

 最後にCDに保存しておこうと思って、CDーR印刷用のデザインを何枚か作りました。ところが肝心のCDを印刷する時に使うトレイが見つからないのです。数ヶ月前、PC関係の本や部品を整理した時、トレイを壊すと大変と思って、大事にしまったのですが、その場所がどうしても思い出せません。こちらの方の記憶はどうやって補ったらいいのでしょう。

上記写真は印刷しそびれているCD-Rの画像です。

下記は、ブログに押されてなかなか更新できない私のHPです。

ba-hirake

| | コメント (2) | トラックバック (0)