2012年9月 6日 (木)

老人保健施設から退所

父は3ヶ月入所した老人保健施設を退所し、
ショートステイとデイサービスを利用した在宅介護がまた始まりました。

老人保健施設では、父のリハビリをして下さったお陰で、父の動きがだいぶ良くなりました。
ベッドから起き上がる時も、ある程度自分で力を出してくれるので、起こすのがずいぶん楽になりました。
あいかわらず着替えなどはまったくできませんが、食欲はあるし、百歳まで大丈夫かも知れません。とはいえ、介護する母も自分の体が思うように動かせないので・・・・。

私が実家に行った時は、私が父の世話をするようにはしていますが、一緒に暮らす家族は大変です。父は1分もたたないうちに同じ質問を繰り返し続けますし、わからなくなった自分自身が不安。

父のショートステイの日を前より長くしていただき、泊まりに行く時の着替えも、
借りることにしたので、お泊りの準備も少し楽になったようです。

父の在宅介護、これからどうなることでしょう。
特養老人ホームからの連絡もまだありません。

| | コメント (0)

2012年1月18日 (水)

介護保険サービスの連携プレー 

腸閉塞で入院していた父が1月16日に退院しました。

退院後の父が、どのようなケアや用具が必要かについて、ケアマネージャーは病院と相談をし、さらに父が利用しているデイサービスやショートステイにも連絡をして下さいました。

退院当日に家に車椅子が届いていて、ケアマネさんの手際の良さにビックリ。
介護保険のサービスはすごいなあ!ケアマネさんはすごいなあ、と感嘆。

さて、また腸閉塞が起こったら大変なので、父は下剤を朝晩飲むことになりましたが、
軟便が始終大量に出て在宅介護は今まで以上に大変になりました(私は一緒に住んでいないので、この大変さは話に聞いたものですが、ウンチのお世話は経験があるので想像できます)。

家に戻った父は安心し、入院中のような混乱状態はなくなりましたが、同じことを1分もたたないうちに繰りかえすことは依然と同じです。

母が大変なので、父は家に2泊して、すぐにいつものショートステイに10泊し、その後は、老人保健施設に入所することになりました。ショートステイの最後の日に、そのままその施設の上の階の老人保健施設へ入所するのです。父が入院した、おかげで(?)老人保健施設への入所が可能になりました。見覚えのある介護士さんがいらっしゃることは、父にとって心強いことです。

特養老人ホームへの入所希望を出して1年になりますが、特養に入所すれば、顔の知らない職員さんばかりで、父は混乱がひどくなるに違いありません。当面は老人保健施設と在宅の繰り返しになるのでしょう。

昨年は、父が何度も救急車のお世話になりましたが、認知症のある老人を受け入れてくれる病院はありませんでした。その苦い経験から、認知症のお年寄りは、待ち時間が大変でも、入院病棟のある病院にも通院しておいた方がいいようです。

在宅介護の負担を軽くするためにいろいろなサービスを活用していますが、サービスを変更し軌道に乗せるのもなかなか大変。ケアマネさんがよく動いてくれていますが、利用する方も介護保険の制度を理解していることが大事です。

| | コメント (2)

2012年1月 1日 (日)

元旦 暮に父入院

「一陽来復」
おだやかな年になりますように。

今年の1月10日で92歳になる父が12月27日入院。
腸閉塞・便秘・肺炎(たぶん誤えん性の肺炎)とか。
父は要介護5、普段はデイサービス・ショートステイを目一杯利用して在宅で暮らしています。

認知症がある父は、病院に入院した自覚がなく「ここはどこ?なんでここにいるの?」を、1分もしないうちに繰り返します。
「夜は介護師の人数が少ないので、家族は夜付き添って欲しい」との病院からの依頼。
義理の妹と交替で、夜病院に泊まり、ヘトヘト。

昨日、医師から夜付きそうのは大変だから、昼夜逆転しない薬を出すとのこと。
その薬に??ですが、介護者が倒れたら大変なことになるので、医師の話しに承諾。
夜は付き添わなくてすむことになりましたが、夜中に病院から呼び出しの電話がきたら、すぐに病院にかけつけることが条件です。
日中、見舞いに行けばいいことになり、かなり楽になります。

病院はお正月休みなので、4日まで点滴と下剤の座薬を続け、治療法に変化はない感じ。その後に、レントゲンでお腹の調子を見るのでしょう。

mobilephone car hospital

暮は病院泊が大変でしたので、お正月料理は超簡単。
食べ過ぎが心配で、今年は冷凍のおせちを頼みませんでしたが、
お煮しめ、お雑煮、酢の物、かずのこ、鮎の昆布巻き、海老、
ほうれん草のおひたし、こんなので充分。

来年は
昆布巻きはいらない。
味付け卵か出し巻き卵を加えれは充分。

忙しいのに、お正月お花は活けました。

記録しておかないと次々忘れます。
今年は「老い」をテーマにブログをちゃんとアップしましょう。

| | コメント (2)

2008年12月 4日 (木)

中高年の元気な暮らし方

「中高年のみなさま、朝元気 、昼まあまあ、夜ぐったり 」
「まさにそのとおりでございます。綾小路きみまろさま」

1日外出したり無理をすると、夜はぐったり。翌朝元気になればいいが、疲れがとれないこともあり、次の日や翌々日を休息にあてることが多くなった。そこで、このごろはしたいと思ったことの、6~7割程度実行できれば満足と思うようにしている。1週間、ひと月、それぞれの単位ごとに余裕をもたせ、予定を書き込まない空白日を多くしている。

今日、7時半に出かける用事があった。それをすませた後、デパートに寄ってお歳暮を出してきた。午前11時半、まだまだ元気である。電気屋さんに寄って、前から買いたいと思っていた加湿器を買いに行きたのだけれど、そこまですると翌日に疲れを残すと思い、家に帰って昼食を食べ、お昼寝をグーグー。

お昼寝の後は気分爽快元気モリモリ、調子に乗って、電気屋さんへ出かけて加湿器を買ってきた。電気店内をウロウロしたいけれど、これが限界、目的がすめばすぐに帰る。

今日は、3ヶ所に出かけ、いつもより活動的な1日でした。お昼寝をしなかったら8時ごろ眠くなっていたはず。今夜は大好きなTVドラマ「風のガーデン」が10時からあるのが楽しみ。疲れを感じていないので、10時まで起きていられそう。

友だち、知人の中には、毎日あっちこっちと出歩いて活動的に人生を楽しんでいる人、パート勤務から常勤の仕事にかわった人もいる。一方、孫の世話や親の介護で疲れ、気力と愛情でがんばっている人もいる。

「私の、したいことの6割の暮らし方」と言っても、親の介護で無理をせざるおえない友を思うと、自分の意のままに予定を立てることができるようになった今に感謝である。中高年が長く元気に過ごしてゆくコツは、したいことを6割程度に留めておくのがいいような気がする。

追記
翌朝グッタリ!お昼寝で元気を回復した気になり、電気屋さんに出かけ、調子に乗ってブログまで書いたのがよけいだった。「したいことは6割に」と心がけているつもりが・・・。今日は1日、家でのんびり。1週間の予定を詰め込まないでいたことが、救い!

| | コメント (6)

2008年3月26日 (水)

日本水仙

Etizensuisen800早春の晴れた日の午前中の光は格別である。春の光で心と身体が清められ、具体的な目標があるわけでもないのに、希望までも輝いてくるような気がする。昨日の3月25日は、光と希望の輝く一日だった。

早春のわが家の庭に、「日本水仙」が初めて咲いた。何年も前からこの花を植えたいと思っていたのに、球根を買う時期をいつも逃していた。昨年は忘れないようにと、インターネットで福井県の店に申し込んでおいて、やっと手に入れることができた念願の花である。活花の世界では、春に咲く園芸種と区別して「日本水仙」と呼んでいたが、福井県では「越前水仙」と呼んでいるらしい。 

この水仙の魅力は、花の少ない冬から早春にかけて咲くことと、4月過ぎに咲く水仙とは比べ物にならないくらいいい香りがすることである。活花用には、正月花を活けるころから出始めるが、我が家では3月23日に2輪開花した。水仙の葉は、冷たい強い風にさらされているせいか、葉にねじれがある。活花の小原流では、花の根元の袴を丁寧にはずして、葉と花をバラバラにして、葉のねじれを優しく指で取り、2枚の葉を組み合わせし直したものを2組作り、2組の葉を合わせた真ん中に花を戻し、さらに袴をはかせ直すのである。もう活花をやめてから20年もたつけれど、手のかかる水仙の葉組みを今でも覚えている。

袴まではかせ直し、水盤に飾る花もいいけれど、今の私は、風にねじれた水仙の葉を活かして挿すのも面白と変わっていた。一方「めんどうなのは嫌」という気持ちもなきにしもあらずである。

今日26日、雨が降り始めた。花が咲くのが楽しみで、毎日蕾のふくらみ具合を確かめていた大切な花であるが、雨で花の香りが飛んでしまう前にと、10本の花を切り、玄関、リビング、トイレに飾った。薄暗い雨の日は希望もしぼんでしまうけれど、水仙の香りを吸い込むと、元気がまた湧き出て、背中が伸びるような気がする。あ~癒される!

| | コメント (5)

2007年8月 1日 (水)

真夏の散歩

Cutnemunohana_2  8月1日、関東、北陸、東北の梅雨明け宣言
      仙台の日の出時刻 : 4時38分
    

夏の散歩は、長袖のシャツを着て帽子をかぶり日傘をさしている女性が多い。私もマネをしてみたが、暑い日に帽子をかぶると頭がむれ、長袖はわずらわしい。腕がこんがり焼けようとも、半そでを着て、太めの腕を夏の空気にさらす方がずっと気持ちがいい。

7月20日ごろまでは、朝6時台の散歩でも涼しかったが、7月末には暑くなり、太陽の光がまぶしくなってきた。暑さに合わせて散歩時間を少しづつ早くしてゆき、気持ちのいい時間帯をさぐってみた。すると、夏真っ盛りの散歩は、朝の5時すぎに出発して6時前には家にもどるのが、最高であることがわかった。

Cutnemunoki_2 朝5時台の散歩は、6時すぎの散歩とはまるっきり違っていた。道路を走る車の数は極端に少なく、高原の避暑地のように空気はヒンヤリさわやか。鳥や風にそよぐ葉の音もさらに澄んで聞こえてくる。

ただひとつ残念なことは、新聞配達の時間帯でもあり、配達のバイクの音が実にうるさい。願わくば、電気バイクとか、電動つきの自転車にして欲しい。

ちょっと盛りを過ぎたが、散歩路の大木の合歓の花がみごとである。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

睡眠導入剤

友人知人の中で、睡眠導入剤(眠剤)を、時々飲んでいる人が増えてきている。私は、眠剤をまだ処方してもらったことはない。

眠剤は使わないと言ってもドロボウが入っても気づかないぐらい熟睡するタイプではない。真夜中に目が覚めたら、本を読むとか、パソコンに向かうとか、音のでない家事をするなどして、また眠くなるまで起きていているだけの話なのである。いつもは朝5時ごろ起きるが、真夜中に目が覚めてカツヤクした時には、午前7時前まで寝ているようなことが多い。旅行に行って枕が変わって眠れない時も、本を読んでいる間に眠くなってくるので、睡眠についてはあまり気にしてはいなかった。

先日久々に、眠剤を飲んでみたいと思うことが起きた。午前4時に出かけるために午前3時に起きなければならないことがあった。夜の9時前にふとんに入ったのはいいけれど、真夜中の11時ごろから1時間ごとに目がさめて眠れなかった。これが人の言う「眠れない!」と言うことなのだと実感した。

一緒に出かけた知人は、時々眠剤を使っているようで、今回は半量飲んだそうである。眠剤とはそんなふうに使うのもいいものだと改めて思った。昔と違って今の眠剤は、医師の処方に従って飲めばかなり安全な薬のようである。私のように薬を飲みなれていない人は、量の加減がわからないので、2、3度試してみて、いざという時に使えれば便利だと思った。

そういう今日も、昨夜は9時前に眠くなり、早く寝たせいで、真夜中に起きてブログを書いている。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

弱り目にたたり目

2007_06030700604bara0013 目の周りのしわやたるみの気になるオトシゴロ。通販のS化粧品から「シワやタルミにきき、お肌がしっとりする化粧品を無料でお試し下さい」と、何度も電話がかかってきていた。忙しいのでずっと断っていたが、今回は「はい」と言ってしまった。同じ会社の別の商品を使ったことがあるし、ちょっと時間に余裕ができた時で、ついOKをしてしまった。

試供品が送られてきて、2日ほど使うと、顔がガザガザしてきて、痒くなり赤くなってきた。化粧かぶれだと思い、すぐに使うのをやめた。皮膚科に行くと副腎皮質ホルモン(ステロイド)の軟膏を出されるだろうし、ステロイドの副作用が大変だったと言う話を聞いていたので、病院には行かず、化粧品を一切使わず、直るまでスッピンで過ごすことにした。

スッピンで親戚や友達に会っても、化粧カブレと言わなければ、私が素顔であることに気づく人はいなかった。ちょっと赤いので、貧血ぎみの私の顔色が、むしろ良く見えたらしい。今までのお化粧はなんだったのでしょうか。

1週間後、だいぶ赤みが薄くなったが、まだ赤くなっている所が残っているので、皮膚科に行くことにした。

11日病院に行き、自然治癒力で直そうとしたことを医師に告げると「そのままでは直りませんよ」と、はっきり言われ、コロイド軟膏(ステロイド剤の一番弱い薬)を処方された。

今朝もお湯で優しく洗顔し、薬を額から顔全体そして首まで丁寧に塗った。2時間後、顔に違和感を感じて鏡をみると、ビックリ!顔から首まで真っ赤にはれ上がっていた。飲めないお酒を一人で一升空けたような顔になっていた。あわてて顔についている軟膏をお湯で洗い落として、皮膚科に駆けつけた。

「コロイド軟膏で、ひどくなった例は2人目、珍しい!」と先生はおっしゃり、写真を撮った。薬が弱いらしいので、前の軟膏より強いステロイプロパデルム軟膏を処方された。薬があわなかったではなく、薬が弱かったと言う表現が理解できない・・・。夜になってやっと1合飲んだ程度の赤ら顔にもどった。

お孫さんのステロイド剤の治療で苦労した友達に相談すると、赤くなっている所にだけ薬をつけ余分なところにはつけないように、と注意を受けた。そういえば、今朝は顔中にベッタリつけてしまっていたのである。お医者さんも薬局も、そんな注意をしてくれなかった。今夜は、軟膏を薄くつけた。

調べてみるとステロイド軟膏は、薬の止め方も難しいようである。明日も病院に行くことにしたが、さて私の顔はどうなることでしょう。

今日の教訓

「ただより高いものはない」 「弱り目にたたりめ」

ステロイド軟膏を調べるのに下記のサイトが役にたった。
お薬110番 http://www.jah.ne.jp/~kako/

薬物療法ステロイドなど
http://allabout.co.jp/health/atopy/subject/msub_cate22.htm

顔が赤いので、今庭に咲いている赤い薔薇をアップ

追加
薬は1日2回から夜1回に減らしてゆき、5日間つけて終了。余分なところにはつけず、薄くつけるのがポイントのようである。スッピン生活2週間。化粧水もつけないのに、ガザガサにもならなかった。明日晴れたら、日焼け止めをつけようかな。ご心配ありがとうございました。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2007年3月22日 (木)

続いていますウォーキング

Kuroltukasu_1  昨年、病院に行ったついでに骨密度を測ったら、なんと同年齢の人の91%というではありませんか。5年前の私の骨量は103%ぐらいあったので、ショックでした。

散歩が10年以上続いている年上の友人は、同年齢の人と比較して110%とのこと、カルシウムを取るために、手作りヨーグルトも食べ続けています。か弱かった彼女は歩き始めてから、メキメキ健康になってゆくのを目の当たりにしているので、いつか私も始めなくてはと思っていたのですが、なかなか継続できませんでした。

散歩のきっかけは、 昨年の秋、海外旅行をすることに決まった時、旅先でバテなKurisumasurozu_1いためにと始めました。 旅行用の薬をもらいに病院に行った時に、骨密度の低下を知ったのです。旅行が終われば、いつものように散歩を中断してしまうと思ったのですが。今回は、半年続いています。骨量減少のショックは大きかったようです。

散歩は1回35分、4千歩程度、週1~3回。コースは、我が家周辺とは違って、電線が地下に埋めてある高級住宅地域、電線がないので空も大きく見えて、歩いていても気分がいいです。風の通り道もわかるようになりました。これからは花の季節、高級住宅地域からちょっと離れた所に、桜や木蓮やこぶしの並木道があります。花の開花が待ち遠しい・・・。

写真は我が家の庭のクロッカスとクリスマスローズ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

母の入院

05hanahina 81歳の母が腹部の手術をするために、初めて入院した。ちょっとした騒動もあったけれど、今、私はほっとしている。

 「高齢者は入院をきっかけに寝たきりや認知症になりやすいので、手術した翌日から歩いていただきます。お母さんがボケないように毎日お見舞いに来て下さい」と、入院前にお医者さんから再三注意を受けた。

 母は個室へ入ることを希望していたが、ひとりになる時間を心配した先生は、4人部屋を勧めた。しかし入院当日母は「夜中にトイレに何度も起きて、同室の人に迷惑をかけるので個室にします」と、予約してあった相部屋を個室に変更した。

 手術の翌日、集中治療室から部屋に戻った日に事件が起きた。だれもいない時、母は吐き気をもよおし、トイレに行こうとベットから起き上がり、1、2歩歩いたのである。母の体には点滴、心電図、導尿のみならずお腹や背中にも管が入っていたので、たちまち身動きが取れなくなった。

 死に物狂いでベットに戻った母は、ナースコールをやっと押した。看護師さんたちのあまりの忙しさにナースコールを遠慮したようであるが、また「手術の翌日から歩いて下さい」との先生の忠告に、歩かなければと必死だったに違いない。とんでもない患者の行動報告を受けていた先生は、回診の時「どこまで歩いたの?」と母に優しく質問し、私の方を向いてニヤリとなさった。

休日の早朝、母は病院から電話をかけてきて「抜糸をしたら退院していいとのこと。午前中に抜糸するので、午後には退院する」と伝えてきた。抜糸は平日だろうと予想していた私たちはあわてふためいた。 

 見舞い客で毎日賑わい、看護師さんたちを笑わせていた母は入院生活を楽しんでいるものと思っていたが「1日だってよけいに病院にいたくない」と言い切った。
ボケずに無事退院し、自分の考えをはっきり持ち手術2日目に歩いた81歳の母は、私に重くのしかかっていた老いの不安を軽くしてくれた。

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧