2013年1月 1日 (火)

新年おめでとうございます!

おかげさまで、今年も元気に新年を迎えることができました。感謝!2013hana400_3

このブログはめったに更新しないし、読み手がほとんどいないので、気楽!

正月花:私流だと、床の間に飾るようなお花になってしまうので、お花屋さんが決めた花材で教わりながら活けてきました。お花の組み合わせが、いまいちでしたが、家で1人で活けるより楽チン。お花屋さんたちとおしゃべりしながら、コーヒーとケーキまでいただいて楽しい時間でした。

おせち: 今まで数回注文したことのあるFの冷凍のおせち。味も濃すぎず、とても美味しいです。
2013oseti400_5

2人前の小さなおせちは人気で、早く注文しないとすぐ品切れになります。昨年の10月上旬に注文をしました。味にうるさいおばさまたちが、毎年味見をして、メニューや味付けを決めているようです。写真で見るより、繊細で丁寧に作られています。

元旦には、おせち以外に、もちろんお雑煮や青物のおひたしなどもいただきました。

お雑煮用のかまぼこ類と2日目に食べる少量のかずのこを購入しただけでも、3千円ちょっと。これだけ種類が多く、こっていておいしいおせちが1万円とは、自分で作るよりいい選択だと思います。

小さなおせちですが、それでもけっこう残してしまいます。1日目に残ったおせちも記念にパチリ。

2日目は、夫はのり餅、私は昨年作って冷凍してあるアンで、あんこ餅を予定

3日目は、またお雑煮を。

2013oseti2400元旦の昼は、省略したかったのですが、定刻に夫から昼食の催促。偶然にも暮にサンドウィチ用のパンを冷凍しておいたので、昨年の残り物の焼き豚とサーモンマリネで、サンドウィッチを作りました。元旦のお昼にはパンもいいかも。お腹がいっぱいの私も、つい食べてしまいました。

さすがに食べ過ぎ、胸やけ気味、夜は3口程度のごはんと目抜けの煮つけ半切れですましました。

夫は暮から読書三昧。元旦はTVをつけっぱなしでいることが多かったのですが、今年はついてる時間が短かったので、充実した1日を過ごすことができました。

年賀状がいつもより早い、8時40分に届き、賀状の整理が早く済み、めでたし、目出度し。
TVをつけられない雰囲気なので、私も読書をして、他のブログも更新。
3時半、一人で30分散歩。
夜は映画「ショーシャンクの空に」を偶然見ましたが、けっこう面白くて釘づけになりました。

そう言えば、今日から5年日記を書き始めました。
実に充実した2013年のスタートになりました。

オー、1年間の家計の支出の集計を昨年中にしようと思っていましたが、できなかったのでせめて元日に、と思っていましたが、またまた延期とは・・・。

| | コメント (0)

2012年9月 6日 (木)

老人保健施設から退所

父は3ヶ月入所した老人保健施設を退所し、
ショートステイとデイサービスを利用した在宅介護がまた始まりました。

老人保健施設では、父のリハビリをして下さったお陰で、父の動きがだいぶ良くなりました。
ベッドから起き上がる時も、ある程度自分で力を出してくれるので、起こすのがずいぶん楽になりました。
あいかわらず着替えなどはまったくできませんが、食欲はあるし、百歳まで大丈夫かも知れません。とはいえ、介護する母も自分の体が思うように動かせないので・・・・。

私が実家に行った時は、私が父の世話をするようにはしていますが、一緒に暮らす家族は大変です。父は1分もたたないうちに同じ質問を繰り返し続けますし、わからなくなった自分自身が不安。

父のショートステイの日を前より長くしていただき、泊まりに行く時の着替えも、
借りることにしたので、お泊りの準備も少し楽になったようです。

父の在宅介護、これからどうなることでしょう。
特養老人ホームからの連絡もまだありません。

| | コメント (0)

2012年7月12日 (木)

キツチンのリフォーム

6月にキッチンのリフォームをしました。
新春セール「復興支援リフォーム」のチラシ広告を見て「安い!」と、リフォームを決心したのです。震災復旧工事で職人さんが足りず、1月に契約をして6月の工事になりました。

ガスレンジは20年間使って1度も交換したことがなく、魚焼き器の部分はボロボロになりましたが、フィッシュロスターを買って使っていたので不自由はありませんでした。

5年前に必要にせまられて洗面所のリフォームをした時に「次はキッチンのリフォームだ!」と意気揚々と見積もりを頼んだことがありましたが、たしか100万円を超えていましたので、リフォームの夢はしぼんでしまいました。今回の工事は、調理台交換・壁紙天井張替・工事費込で61万円!

キッチンの調理台などはまだまだ使える状態です。扉も綺麗。ひと晩考えて、やはりガスレンジだけの交換にしようと決心しました。ところが、翌朝、家の修理について、まったく興味をしめさなかった夫が「これ安いんじゃない!考えたらやめることになる」との夢のようなお言葉。夫が同意するこんなチャンスは2度と来ない、と急きょリフォームを決めたのです。

家を建てた建築会社を信頼していましたので、今回初めて頼む業者に多少不安がありましたが、工事はきちんとしていただきました。

新しい調理台はIHクッキングヒーター、調理台の下の収納はすべて引出となり、観音開きの前の扉と比べて収納力は倍ぐらい増えました。調理時間は早いし、ヒーターの掃除はとても楽になりました。また、ガスの時より、調理中の臭いが部屋に広がりにくく、夏の調理も前より暑くならない感じです。

大変だったのは工事が始まる前にキッチンの物を全部出すことでした。よくぞこんなにつめ込んだ、と思うほど物がありました。この際、思いっきり物を減らそうと思い、近所の方に食器や余分な使っていない調理道具などを選んで持って行っていただきました。

お客さまが少なくなった今、大きなお皿などはもう使わないので7割ぐらい処分しました。ケーキやパンなどは若い時には作っていましたが、美味しいお店があちこちにできましたし、最近は買うことの方が圧倒的に多くなりました。そんなこんなで、お菓子作りの型や道具類なども一気に処分しました。ガス台を交換しただけでは、これほどの思い切った整理はできなかったでしょう。

リフォームを決行して、目出度しめでたし。
年をとるほど、片づけは大変になります。キッチンの断捨離成功をきっかけに、他の部屋も・・・・。
「リフォームではなく、断捨離を」。

| | コメント (0)

2012年1月18日 (水)

介護保険サービスの連携プレー 

腸閉塞で入院していた父が1月16日に退院しました。

退院後の父が、どのようなケアや用具が必要かについて、ケアマネージャーは病院と相談をし、さらに父が利用しているデイサービスやショートステイにも連絡をして下さいました。

退院当日に家に車椅子が届いていて、ケアマネさんの手際の良さにビックリ。
介護保険のサービスはすごいなあ!ケアマネさんはすごいなあ、と感嘆。

さて、また腸閉塞が起こったら大変なので、父は下剤を朝晩飲むことになりましたが、
軟便が始終大量に出て在宅介護は今まで以上に大変になりました(私は一緒に住んでいないので、この大変さは話に聞いたものですが、ウンチのお世話は経験があるので想像できます)。

家に戻った父は安心し、入院中のような混乱状態はなくなりましたが、同じことを1分もたたないうちに繰りかえすことは依然と同じです。

母が大変なので、父は家に2泊して、すぐにいつものショートステイに10泊し、その後は、老人保健施設に入所することになりました。ショートステイの最後の日に、そのままその施設の上の階の老人保健施設へ入所するのです。父が入院した、おかげで(?)老人保健施設への入所が可能になりました。見覚えのある介護士さんがいらっしゃることは、父にとって心強いことです。

特養老人ホームへの入所希望を出して1年になりますが、特養に入所すれば、顔の知らない職員さんばかりで、父は混乱がひどくなるに違いありません。当面は老人保健施設と在宅の繰り返しになるのでしょう。

昨年は、父が何度も救急車のお世話になりましたが、認知症のある老人を受け入れてくれる病院はありませんでした。その苦い経験から、認知症のお年寄りは、待ち時間が大変でも、入院病棟のある病院にも通院しておいた方がいいようです。

在宅介護の負担を軽くするためにいろいろなサービスを活用していますが、サービスを変更し軌道に乗せるのもなかなか大変。ケアマネさんがよく動いてくれていますが、利用する方も介護保険の制度を理解していることが大事です。

| | コメント (2)

2012年1月 1日 (日)

元旦 暮に父入院

「一陽来復」
おだやかな年になりますように。

今年の1月10日で92歳になる父が12月27日入院。
腸閉塞・便秘・肺炎(たぶん誤えん性の肺炎)とか。
父は要介護5、普段はデイサービス・ショートステイを目一杯利用して在宅で暮らしています。

認知症がある父は、病院に入院した自覚がなく「ここはどこ?なんでここにいるの?」を、1分もしないうちに繰り返します。
「夜は介護師の人数が少ないので、家族は夜付き添って欲しい」との病院からの依頼。
義理の妹と交替で、夜病院に泊まり、ヘトヘト。

昨日、医師から夜付きそうのは大変だから、昼夜逆転しない薬を出すとのこと。
その薬に??ですが、介護者が倒れたら大変なことになるので、医師の話しに承諾。
夜は付き添わなくてすむことになりましたが、夜中に病院から呼び出しの電話がきたら、すぐに病院にかけつけることが条件です。
日中、見舞いに行けばいいことになり、かなり楽になります。

病院はお正月休みなので、4日まで点滴と下剤の座薬を続け、治療法に変化はない感じ。その後に、レントゲンでお腹の調子を見るのでしょう。

mobilephone car hospital

暮は病院泊が大変でしたので、お正月料理は超簡単。
食べ過ぎが心配で、今年は冷凍のおせちを頼みませんでしたが、
お煮しめ、お雑煮、酢の物、かずのこ、鮎の昆布巻き、海老、
ほうれん草のおひたし、こんなので充分。

来年は
昆布巻きはいらない。
味付け卵か出し巻き卵を加えれは充分。

忙しいのに、お正月お花は活けました。

記録しておかないと次々忘れます。
今年は「老い」をテーマにブログをちゃんとアップしましょう。

| | コメント (2)

2011年7月11日 (月)

東日本大地震 2011年3月11日

3月11日の東日本大地震が起きてから、4カ月。
地震で家族や家や職場を失った方々のことを思うと、被害の少なかった自分のことを
ココログにアップできないでいました。

●3月11日14時46分 マグニチュード9.0 
  
  震度7   栗原市
  震度6強  仙台市宮城野区・石巻・塩釜など
  震度6弱  仙台市青葉区・若林区・泉区など
  震度5強  仙台市太白区など

●お亡くなりになられた人数 (行方不明者数)

 警視庁まとめ  7月11日現在

 全国 15550人 (5344人)

 宮城 9300人 (2807人)
 岩手 4584人 (2247人)
 福島 1600人 (286人)

 お亡くなりになった方の数を覚えておきましょう。

●いまだに避難していらっしゃる方の数(宮城県)1万3500人

●福島第1原発に到達した最大津波13M

未来ある子供たちのために、放射能汚染のない綺麗な日本、綺麗な地球を残しておきたいものです。
お亡くなりになられた方々の冥福を祈ると共に、なお苦難に立ち向かっていらっしゃる被災者のみなさま、くじけないで下さい。また、被災地の復旧やきれいな日本にするために働いて下さっているみなさま、ありがとうございます。

○3月11日からひと月ぐらいは、自分の暮らしのことで精一杯。
電気は24時間でついたのですが、水の確保、食料の確保、散乱した物を片付けてゆくことでくたくたの日々。親戚・友達・知人も無事でひと安心。

ひと月を過ぎると、地震関係の番組を見たり、記事をゆっくり読む余裕ができたのすが、被災者の辛くすさまじい体験を知ると、胸が苦しくなり、気持ちが沈んだ日々を過ごしました。
ゴールデンウィークが過ぎたころ家の中の9割が片付き、ようやく元気になってきて、暮らしのリズムも取り戻すことができました。

避難所暮らしの人は、いまだに万単位でいらして、原子炉の汚染除去や防止、津波被害の復旧になん十万人もの人たちが、働いて下さっています。また、放射能の汚染におびえる暮らしをなさっている人々も大勢いらっしゃいます。東日本大地震から日本が立ち直るには、なん年もかかるのでしょう・・・・・。

●余震 4月7日:午後11時32分 M7.4 

震度6強:仙台市宮城野区・栗原市
震度6弱:仙台市青葉区・若林区
震度5強:大和町・富谷町  (泉区はこのあたりでしょうか)
震度5弱:仙台市太白区

| | コメント (4)

2010年12月31日 (金)

御所と離宮見学

101028tshishinnden お正月の準備も見通しがつき、延々続きそうな片付けを一時止めて、書きそびれていた寅年の出来事を大晦日に更新です。

平成22年10月28日から30日、京都御所、仙洞(せんとう)御所、修学院離宮の見学をしてきました。
いずれも宮内庁に葉書で申し込みをして、当選しなければ見学できない所です。若い友達が手続きをして下さリ、解説者つきのいい見学ができました。ありがとうHちゃん。

上記写真は、京都御所の紫宸殿。
京都御所の見学は10時から、飛行機が遅れ、伊丹からタクシーでかけつけ、10時5分前に御所の入り口に到着。遅れたことを、御所の事務所に電話をすると「タクシーを降りた所から見学場所の門まで10分歩かなければなりません。せっかく遠方からお参り下さったので、午後1時から見学できるようにいたします」とのありがたいお言葉。
見学時間まで、御所近くの、京都らしいお店で出し巻き卵定食のランチ(美味しいけれど、ちょっとおかずがもの足りなかった)をいただいて、午後からの見学時間の調整をしました。

見学できる御所の事務所までは砂利道、しかも小雨が降っている。お腹にキャリーバッグを抱えて、歩かなければならなかったのは、至難の業!1人での旅なら、一旦宿に荷物を置いてきてから行動に移るとか自分で計画を立てるのですが、人まかせにしていたバチかも・・・。キャリーバックは、ロッカーに預けて、無事1時間見学することができました。

111028sendougosyo
午後3時からは、左の写真の仙洞御所の見学。写真手前の、形のいい丸い石は、石1ケを1升のお米と交換したそうで「一升石」と呼ばれています。形のいい揃った石で砂浜を表現しています。

小堀遠州作の庭園を、御水尾上皇が、池泉回遊式大庭園に造り替えたとのこと。

101029syugakuinrikyu

29日は、修学院離宮見学。御水尾上皇の山荘で、回遊式庭園となっています。見下ろした庭園は絶景。四季折々に見学してみたいものです。

御水尾上皇は、幕府との軋轢に突然の退位を表明しました。いろいろあったようですが、そこは専門のサイトをご覧あれ。
ともかく、寅年中にブログをアップ!!

午後からは、残りの家事を片付けます。
では、よいお年を迎えられますように。

桂離宮は、今回抽選にはずれましたが、1度は見学してみたいものです。「税金がかかっても、この日本の文化と美を未来に残したい」と、思う庭園と建物でした。

| | コメント (2)

2010年9月 1日 (水)

これいい!ワンセグTV

CutnewtvこのTVは、キッチンのカウンターの上に置いて、台所仕事をしながら見ているTVです。

前には、アナログのTVつきカーナビ(ナビを使うほど出かけないので)をTVとして家の中で使っていました。買い替える時、録画機能つきの22インチも考えたのですが、カウンターの上に置くには大きすぎるのでやめました。

ワンセグTVは、思いの外便利でとても重宝しています。カウンターの上にはラジオも置いていたのですが、このTVはラジオ放送も聴けますので、ラジオを処分してカウンターの上がすっきりしました。(´▽`)/

防水というので、お風呂でも使って見ましたが、音が響いて、使う気にはなれませんでした。TVをじっと坐ったままじっくり見たい番組は限られています。しかし、家事をしながら聞いていたい番組はけっこうあります。一番長く立って仕事をしているのは、台所。料理をしながら後片付けをしながら、TVをつけています。レシピなどでメモを取りたいと思った時に、ちょっと録画ボタンを押せば記録してくれます。暗記苦手な私にはノートがわりのTVです。途中から録画をしても、タイトルがちゃんと入っているんです。すご~い!

カウンターの上だけで活躍しているわけではありません。アイロンがけをする時、部屋の片付けの時なども、ワンセグTVを側においておくと仕事がはかどります。家事のお供だけではありません。寝床に置いて、録画した番組を、イアホーンを使って枕元で見るのもいいです。小さい画面なので枕の横で見るのは便利、省エネにもなります。

内臓充電池と乾電池を併用できるので、外へも持ち運びができます。しかも10時間録画可能。欲を言えば、画面がもう一回り大きいといいなあとも思いますが、そんな贅沢を言う以上に重宝します。夫の車にはTVがついていないのですが、気になった野球の試合を、車の中で見てみましたが、カーナビについているTVと同等程度、たまに電波が切れる時がありますが、TVを感度のいい位置に動かせば大丈夫です。

久々のいい買い物でした。価格は3万円ぐらいだったと思いますが、春に購入しているので、正確な価格ではありません。

 


| | コメント (6)

2010年8月25日 (水)

お年寄りに優しい温泉宿求む!

Cutkamasaki2 杖をついて歩く84歳の母の趣味のひとつに温泉行きがあります。

4年前までは、温泉まで送り迎えをすれば、両親や伯母(母の姉)たちだけで滞在してくれていたのですが、現在は、父は入浴介助が必要になり温泉は無理、母と伯母もそれぞれ病気を患い、付き添いなして温泉に泊まることはできなくなりました。

91歳の父をショートステイにお願いすると、母は介護の疲れを癒すために無償に温泉に行きたくなるようです。温泉は体を温めてくれるので、あちこち痛いところが楽になりますし、おおいに気分転換にもなるようです。

先月末も私と一緒に温泉に出かけたばかりなのに、今月も行きたいとのこと。さすがに、母も気がひけたようで、付き添いは必要ないとがんばっていました。「タクシーででも行く」と強気な母でしたが、さすがに一人は寂しいのか、92歳の伯母を誘っていました。

「エー伯母と!」と、驚きました。伯母は、昨年背骨を痛めていて、母よりも体がふらついていて、見守りや介助が必要です。家にこもりっきりの伯母もぜひ行きたいとのこと、結局、伯母の娘(私の従妹)と私が交替で付き添うことになりました。

杖をついて歩くお年寄りにとって、温泉はどこでもいいという訳ではありません。足が不自由なお年寄りが泊まれる旅館とは、部屋にトイレと洗面がついているのは必須条件。さらに、部屋からお風呂や食堂まで、階段(段差)がないか、せめて段差が少ないのが条件です。

母たちのために宿を選ぶ時は、インターネットで調べるだけではなく、階段がどの程度あるか、食堂やお風呂までの距離などを、必ず宿に電話で確認をしてから決めています。元気な時に泊まったことのある気にいった旅館でも、お風呂までの階段が多かったり、遠かったりすると、宿のリストからはずされてしまいます。

高齢者は連泊することが多いので、お年寄り連泊割引料金を設けていただけると、利用しやすくなると思います。食事は、いつも食べきれないほど出る宿が多いので、品数や量を減らして、美味しいものを少しだして欲しいです。2皿ぐらいは、選べる料理があればなおけっこう。

食堂やお風呂に近い部屋を選ぶと、たいていは料金が数千円高くなっていて、しかも料理も豪華になっている所が多いようです。お年寄りにとっては、食べ残す方が多い料理をだされても、もったいないだけです。

九州のどこかで、看護師さんが作った高齢者や障害者のための温泉宿の記事を読んだことがあります。入浴介助もしてくれるそうです。超高齢化時代、付き添いなしで、安心してお年寄りを泊めてくれる湯宿がもっと増えてもいいのではないでしょうか。

母や伯母は、頭がはっきりしているので、介護認定を受けても、せいぜい要支援1程度ではないかとのこと。母は近所の病院へは一人でタクシーで行くことがありますが、その他の外出は付き添いが必要です。デパートやスーパーの中では車椅子を利用しています。介護保険を利用していなくとも、介助を必要とするお年寄りは多いのです。

今年になって付き合った温泉行きは、3・5・7・8月。7月に行った奥鎌先温泉の部屋からの写真をアップします。夜は篝火が焚かれ、いい雰囲気。段差も少なく、お料理も美味しく、こじんまりしたいい宿でした。会席料理を部屋まで運んで来てくれるのはいいのですが、2時間も仲居さんが出たり入ったりして、落ち着かず、私好みではありませんでしたが、母にとってはいい宿だったようです。

| | コメント (8)

2010年6月23日 (水)

薔薇のぜいたく

Cutbara0022_2 6月10日から5日間留守にしている間に、庭の薔薇は満開。明日は雨との天気予報。思い切って、咲いている8割のバラを切って、家中に活けました。贅沢贅沢!

写真は出かける前の庭の薔薇と、帰宅してから活けた薔薇です。

芝草の庭を1週間手入れしないと、雑草がはびこり、手入れが大変になります。今までのように草抜きができないので、昨年、芝草を剥ぎ取り、草が生えないシートを敷き、その上にブルーの石を敷く工事をしました。

石に変えたことで、雑草取りの仕事がかなり楽になり、その分お花の手入れに時間をかけることができるようになりました。土の改良をし、鉢植えの薔薇を4本地植えにしました。今年の冬は、また残りの鉢植えの薔薇3~4本を、地植えにする予定です。

お花の手入れをすることは楽しいのですが、草取りに振り回されると、苦痛になります。
庭の手入れも、少しづつ楽になるように、宿根草を増やしたりと、いろいろ工夫し始めました。

Gara0027_3 今年はラベンダーがたくさんの花をつけ、ラベンダー摘みに行かなくとも間に合いました。近所の女の子に持って行ってあげたら、とても喜んでくれました。私はすっかり忘れていましたが、5年前にも私はラベンダーステックを作って、その子にプレゼントしていたようです。まだ大事にとってくれていたようです。
嬉しいですね。もう2株、別のラベンダーが蕾をつけ始めたので、満開になったら、女の子に直接、ラベンダー摘みをしてもらおかな・・・・。

| | コメント (8)

より以前の記事一覧