2012年9月 6日 (木)

老人保健施設から退所

父は3ヶ月入所した老人保健施設を退所し、
ショートステイとデイサービスを利用した在宅介護がまた始まりました。

老人保健施設では、父のリハビリをして下さったお陰で、父の動きがだいぶ良くなりました。
ベッドから起き上がる時も、ある程度自分で力を出してくれるので、起こすのがずいぶん楽になりました。
あいかわらず着替えなどはまったくできませんが、食欲はあるし、百歳まで大丈夫かも知れません。とはいえ、介護する母も自分の体が思うように動かせないので・・・・。

私が実家に行った時は、私が父の世話をするようにはしていますが、一緒に暮らす家族は大変です。父は1分もたたないうちに同じ質問を繰り返し続けますし、わからなくなった自分自身が不安。

父のショートステイの日を前より長くしていただき、泊まりに行く時の着替えも、
借りることにしたので、お泊りの準備も少し楽になったようです。

父の在宅介護、これからどうなることでしょう。
特養老人ホームからの連絡もまだありません。

| | コメント (0)

2012年1月18日 (水)

介護保険サービスの連携プレー 

腸閉塞で入院していた父が1月16日に退院しました。

退院後の父が、どのようなケアや用具が必要かについて、ケアマネージャーは病院と相談をし、さらに父が利用しているデイサービスやショートステイにも連絡をして下さいました。

退院当日に家に車椅子が届いていて、ケアマネさんの手際の良さにビックリ。
介護保険のサービスはすごいなあ!ケアマネさんはすごいなあ、と感嘆。

さて、また腸閉塞が起こったら大変なので、父は下剤を朝晩飲むことになりましたが、
軟便が始終大量に出て在宅介護は今まで以上に大変になりました(私は一緒に住んでいないので、この大変さは話に聞いたものですが、ウンチのお世話は経験があるので想像できます)。

家に戻った父は安心し、入院中のような混乱状態はなくなりましたが、同じことを1分もたたないうちに繰りかえすことは依然と同じです。

母が大変なので、父は家に2泊して、すぐにいつものショートステイに10泊し、その後は、老人保健施設に入所することになりました。ショートステイの最後の日に、そのままその施設の上の階の老人保健施設へ入所するのです。父が入院した、おかげで(?)老人保健施設への入所が可能になりました。見覚えのある介護士さんがいらっしゃることは、父にとって心強いことです。

特養老人ホームへの入所希望を出して1年になりますが、特養に入所すれば、顔の知らない職員さんばかりで、父は混乱がひどくなるに違いありません。当面は老人保健施設と在宅の繰り返しになるのでしょう。

昨年は、父が何度も救急車のお世話になりましたが、認知症のある老人を受け入れてくれる病院はありませんでした。その苦い経験から、認知症のお年寄りは、待ち時間が大変でも、入院病棟のある病院にも通院しておいた方がいいようです。

在宅介護の負担を軽くするためにいろいろなサービスを活用していますが、サービスを変更し軌道に乗せるのもなかなか大変。ケアマネさんがよく動いてくれていますが、利用する方も介護保険の制度を理解していることが大事です。

| | コメント (2)

2008年8月29日 (金)

ゴミの有料化を夢につなぐ

 何年も前になるが、親たちの荷物を数年かけて片付けたことがある。戦争中の物まで出てきたのにはビックリし、私は気に入った少しの物でシンプルに生活したいなあと思った。戦争を経験した親世代は、何十年と使わないものでも大事にとっておいたし、そうならざるえない理由があった。大量の荷物で後の人たちに迷惑をかけないよう、私がシニア世代になったら使わないものは譲るなり処分し、気に入った少しの家具で暮らしたいなあと思っていた。

 しかし、理想と現実にはギャップがあり、いつの間にか親よりはるかに物持ちになってしまった。TVやパソコンは部屋ごとに置いてあり、様々な電気製品や大型家具に囲まれて、とんでもないことになっている。

 家具は使っているので簡単に処分できないが、10月からゴミが有料化になるのをきっかけに少しでも物を処分したいと思った。特に、私よりはるかに物持ちで「とっておきたい症候群」の夫に片付けてもらうには絶好のチャンスである。「今度ゴミが有料化になるので、捨てていいものを選んで欲しい」と、春から夫をせっついていた。

08asagao  なかなか動き始めない夫に「ビデオテープを減らしてはどう?」と提案すると、彼はめずらしく納得して、β版のテープ1本1本をチェックし始めた(BHSではなくβ版です)。デジタルTVの大型画面に映し出して見ると画像の荒さが目立つが、名の知れたメーカーのテープはほとんど再生できた。保存したいものが見つかると、DVD-Rに書き込んでいるので、まあ気の長い作業となった。

 私なら、β版はまとめてドサッと捨てるけど・・・。箱にもテープにもタイトルがきちんと記入されて情報や資料を大事にしていることがよくわかる。β版はまだ半分以上残っているが、捨ててOKのテープが大きなゴミ袋3ケになった時、私は正直嬉しかった。そのまま袋にほおりこむとテープの箱の角と重さで袋が破けるので、一旦紙袋やビールの空き箱にきちんと並べて捨てたが、夫の知識を捨てるようでちょっとシンミリ。人のことばかり言っていないで、自分のテープも処分しようと思ったら、β版はとっくになくて、BHS版24本処分し、保存したのは5本だけ。私は必要ないと思うとすぐ重ね撮りするので本数が少ない。

 片付けばかりしていると気が変になるので2ヶ月のんびりしていたら、有料化までの期限がたったのひと月となった。私の「捨てて欲しい」お願いコールを連呼する時期のようだ。屋根裏収納には、博物館に贈りたいようなパソコン関連の物が山ほどある。せめてもう3袋は捨てて欲しい。数週間前「5インチのフロッピーディスクは捨てていいなあ」と、ぽっりと言っていたのを聞き漏らしてはいない。

 自分の気に入った家具や道具にだけに囲まれてのシンプルライフの夢はかなり遠いけれど、歳をとればとるほど片付ける気力体力は失せてゆく。夢をかなえるべく、有料化になっても、私は年に数回まとめて捨てることは続けますが、夫はどうでしょうか。

写真は、カーポートの柱で咲いた朝顔

| | コメント (6)

2006年9月 3日 (日)

有料老人ホーム見学(1)

94nwithcat 仙台市内の北部にある、有料老人ホーム「エバーグリーンシティ・寺岡」を見学してきました。ホームは、住宅型と介護型に分かれていて終身利用権方式、完成は平成19年の3月です。事業主と管理運営は、「松田会」です。

 住宅型のすべての部屋には、ベッドルームとLDKの2部屋、それにバスルームと車椅子でゆったり入れるトイレがついています。共有のスペースには、シアタールーム、アスレチックルーム、大浴場、医務室、ゲストルーム、レストランなどがあります。住んでみたいと思うようなお洒落な建物、サービスも行き届いているように思えました。ハイクラスの設備や環境を考えると、月々の利用料が高いのは、しかたがないのかも知れません。しかし、入居一時金は、市内のマンションが買える金額なので、終身利用権は高すぎると思いました。

見学者は11名、真剣に入居を検討していそうな方は、おひとりでした。

●住宅型(満60才以上)144室
入居一時金:2,430~5,520万(2人目の追加金は480万円)
(部屋の広さ:46,40㎡~99,58㎡) 

募集の初めのころに、入居1時金の一番高い住宅型の契約が終了したとのこと、ビックリ!

●月額利用料:1人 98,000円 2人147,000円

●食費:月1人63,000円
 食事は自分で作れば費用はかかりません。

●食事も作っていただくとなると合計は
1人入居の場合 月:162,000円
2人入居の場合 月:273,000円

上記金額は、水道・光熱費・新聞代などは含まれていませんので、食費以外の雑費を5万円とすると、1人入居の場合、最低の生活でも212,000円は、かかりそうです。正社員で働いてきた独身男性なら、どうにか払っていけるかも知れません。
残された女性が、遺族年金で暮らすには払い切れない金額です。
夫婦で入居した場合は雑費を8万円とすると、最低353,000万円程度は必要。趣味などの娯楽費用や介護保険の利用料は含まない額であることをお忘れなく。

 最初は住宅型に入居していて、介護が重症になれば優先的に、介護型に入居できるようです。今は入居するつもりはないし、入居できる金額でもありませんが、10年後にはどうなるかわからないので、ともかく記録を残しておきましょう。

 金額を考えるとしり込みしてしまいますが、仙台にもようやく質のいい有料老人ホームが建ち始めたことは、大歓迎です。今後は競争しあって、中流クラスの人でも入居できる価格で、サービスのいいホームが増えるといいのですが・・・。

ba-hirakeイラストは「エスケット」から

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木)

シニアブログを楽しむ

75歳qoriaさんのブログ「心」を紹介します。大病をなさったはずなのに、体力気力は私の何十倍もおありで、時間を大切にして、毎日いきいきと暮らしていらっしゃいます。

qoriaさんの1週間は、1日1万歩のウォーキング、テニス、パソコン、朗読、バイオリン、合唱などの趣味でビッシリ。パソコンを使って、ブログ「心」に綴った日記は、qoriaさんの趣味や人生感の発表の場になっています。ブログへのコメントやトラックバックが、心の支えになり、ブログを通して仲間が増えています。最近は、音を配信するポッドキャストqoria放送まで開設してしまいました。

以下ブログ「心」「シニアブログを楽しむ」からの引用

この想いを昔は自筆で日記ノートに書き込んで終わりでしたがブログですと世界に発信することが可能となります。この記事と同じ想いを抱いてくれる人からコメントも入り地球の裏から、知らない人からのコメントが入るときもあるのです 孤独感はなくなります。

退職した方や一人暮らしの人にブログをお勧めします。 シニアブログ悠々空間」でもqoriaさんの「シニアブログを楽しむ」を紹介しています。

ba-hirake

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 3日 (月)

介護施設入居費引き上げ

10月1日から、介護施設の入居者の方々に、居住費と食費も負担してもらおうと、費用の値上げを実施

もちろん元気に生きることが一番ですが、どの程度の入居費用が必要なのかのメモです。

要介護5のケース:標準モデル(月額) 施設の契約に多少変わる

○特別養護老人ホーム
  ユニット型個室   12.8万円 (前10.7万円)
  従来型個室     10.4万円 (前5.6万円)
  相部屋        8.1万円  (前5.6万円)

介護老人保健施設や介護療養型医療施設も似たような負担額

2005年介護保険改正のポイント 「東芝けあコミュニティー」

ba-hirake

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月 4日 (金)

介護保険を利用しない!

介護認定を受けましたが、介護サービスを受けない花田家の事情をHP「ひらけシニアワールド」に更新しました。
要介護1程度の場合のサポートのコツなども書いてあります。

介護保険は使わず、子供のサポートで暮らしてみよう
嫁ぎ先で義理の両親の介護経験があるすみれさんは「家族だけの介護は無理、公のサービスをどんどん利用すべき」といつも考えていました。しかし、両親にヘルパーさんの利用やデイサービスに出かけることを勧めても、利用したくないとの意思がはっきりしていましたので、介護サービスを利用しないで、子供たちのサポートだけで、しばらく様子をみることにしました。


ba-hirake

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月26日 (金)

妻に先立たれた田原総一郎さん

先日、8月に最愛の奥様(節子さん)を亡くされたジャーナリスト田原総一郎さんが「徹子の部屋」に出られて、節子さんとの思い出話を話していました。

田原さんは、15年前に妻節子さんと、再婚どうしでむすばれました。6年前に節子さんが癌を発病し、手術で手が挙がらず髪を洗うことができなくなると、田原さんは節子さんの髪を洗ってあげたり、車椅子を押して旅行に出かけられたりと献身的な介護を続けておられました。

節子さんの病は悪性の炎症性乳がん、5年以上も生きるのは担当医の話によると最高記録だそうで、節子さんも「記録に挑戦しましょう」と最後まで弱音をはかなかったそうです。乳がん患者と医師との連絡会を作る運動もなさっていて、田原さんに引き継がれました。強い男性に見えた田原さんですが、節子さんと議論して負けるのはいつも田原さん。「朝まで生テレビ」の番組は、もとウーマンリブの頭首だった節子さんとの論争から生まれたそうです。節子さんは、田原さんが書いた原稿に朱をいれ、出演した番組の一番の批評家でもあったそうで、田原さんを支え続けていたのは、実は節子さんだったようです。

「妻がいる時は、シャンプーがなくなれば自然に補充されていましたが、今はどうしたらいいのだろうと考えこみます。秋になり衣替えもしなければと気がつきましたが、服がどこにあるかもわかりませんでした」と、節子さんに頼りっきりだった田原さん。

「徹子の部屋」では強い田原さんの姿はなく、妻を愛した優しい男性が背を少し丸めて話していました。生活の面だけではなく精神的にも、妻から自立しなければならない田原さん。節子さんは元気な田原さんを愛したはず「田原さん、寂しさに負けないで」。

亡くなる直前には口実筆記で書かれた田原節子さんの本。
 「最期まで微笑みを」  講談社  1,575円


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004年10月26日 (火)

仙台市高齢化率と平均余命

 平成16年10月1日の仙台市の高齢化率は、16.83%。
仙台市高齢化率トップ3
(1)青葉区 (2)太白区 (3)若林区

高齢化率と平均余命を私のHPに掲載しましたので、関心のある方は、次のバーをクリックして下さいね。

ba-nayo.gif私のHPへリンク。

今回から、HPに平均余命をのせました。寿命と余命、混乱しやすいですが、簡単に説明しておきます。
「平均寿命」とは生まれたばかりの子供が、何もなければ生きられるであろうと予測された年月のことで、0歳の「平均余命」をさします。ちなみに2003年に生まれた女の子は平均85.33歳まで生きることができるようです。
今、生きている人が、その後生存すると期待される年数が「平均余命」です。2003年に65歳の女性の余命は平均23.04年です。

(新潟県中越地震の被災者の方々を思いながら、ブログを書いています)
余命を考えても、生きがいが見つからない時は、暖かい家に住み・電気と水を自由に使い・食べたいもを食べることができる暮らしに感謝しましょう。頑張りすぎの時は、たまにはのんびりして、自分にとって大事なものを確認する時間を作りましょう。これみんな自分に言い聞かせていることです。

追記
余命とは、なんだか人生の残りみたいな表現なので、ちょっとひっかかりますね。余命の数字をみて、悲観的になる方もいらっしゃるかもしれませんが「余命とは、人生を楽しむことができる時間」、「健康余命でありたいですね」などのコメントもいただきました。ありがとう!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2004年8月20日 (金)

在宅介護のSとM

bedt-obacyan.gifイラストは「えすけっと」から

「在宅介護にはひとつのSと5つのMが必要です」茨城県立医療大学付属病院・太田仁史(おおたひとし)先生が、NHK第1放送「わくわくラジオ」で話していました。この番組は評判が良く6月13日と8月6日の2回放送されました。介護経験のある私も、「ほんと、そうそうなの」とうなずきながら聞いていたお話です。

S(スペース)
介護するには介護する空間(スペース)が必要です。

1のM(マネー)
介護保険だけではたりません。たとえば夜、ぐっすり寝たい時などに、人を頼むとお金がかります。そのほかにも介護は、いろいろと費用がかかります。

2のM(マンパワー)
マンパワーとは、ヘルパーをお願いするとか、デイサービスを利用するとかもいれて、1日1.5人かかります。2日で3人必要です。

3のM(マシーン)
手すりや車椅子などに始まっていろいろあります。

4のM(マネージメントができる人)
ケアマネジャーさんではなく、家族内のマネージメントができる人です。マネージメントができないと外ともうまくつながりません。

5のM(マインド)
マインドは優しさではなく、家で看るという決意とか覚悟です。
たとえば、他人が入るのが嫌だとか、恥ずかしいとか言っていたのでは介護は長続きできません。
マインド(決意)が一番大事です。

ba-nayo.gif
私のHPも見てね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧